越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「容疑者Xの献身」を観てきた

<<   作成日時 : 2008/11/09 21:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日はMINT神戸で映画「容疑者Xの献身」を観てきた。本当は「レッドクリフ part1」を観に行こうとしていたんだが、まだまだ人気が高くて、映画館に着いた時には、次の次の回がすでに残席数△の状況。カミさんが福山ファンなのであっさり「容疑者Xの献身」に切り替えた。もともとは「容疑者Xの献身」はカミさんが友人と見に行くハズが未だ見ていなかったので、今日ワタシと観ることになった。
 フジテレビお得意のテレビ版の豪華版かと思っていたら、結構面白かった。映画公開直後にテレビ版の特番があった(これはこれで面白かった)のだが、これで品川祐と北村一揮との入れ替えと、堤真一登場の前振りがされていた。テレビ版のレギュラーである品川祐と渡辺いっけいの出番がむっちゃ減らされていた。はたして、品川祐と北村一揮との入れ替えは必要だったのか?、とカミさんに問うと、スクリーンでアップにするなら品川より北村だろ、との答えが得られた。いいのか、これで?あと、謎だったのは、石坂浩二が出る必要があったのか、と冒頭のカネだけはかかった実験シーンをやる必要があったのか、だ。これらと雪山のシーンが無ければ、人間ドラマ中心だし、テレビ版の拡大版で十分撮れた内容で、映画にする必要あんのか? とも思った。いや、もちろん映画として観て十分面白かったんだけど。
 この映画の主役は堤真一と松雪さん。はっきり言って、ガリレオの器を借りた別のドラマだよ、これは。福山が謎解きの佳境で数式を書き出すシーンも無かったし。トリックのタネは、浮浪者が一人消えたところで大分見えてしまっていたけど、堤真一と松雪さんの演技力で最後までグイグイ引っ張っていった感じ。ま、5点満点の3.5点ということで。(テレビ版にもっと忠実でも良かったかと思うので、4点は出さないよん)

 今、埼玉西武の日本一が決まりました。昨夜の岸と平尾、今夜の片岡の活躍でもぎ取った2点目と平尾の3点目、先発陣の必死の投手リレーはスゴかった。勝ちたいという気持ちが西武の方が勝っていたというところか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「容疑者Xの献身」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる