越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS この夏の心残りを解消したのダ

<<   作成日時 : 2010/08/26 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は会社休んで、朝からいつもの阪神電車じゃなく阪急電車に乗って、十三で乗り換えて京都に向かった。烏丸で京都地下鉄に乗り換えて烏丸御池で初めての東西線に乗り換えて東山へ。そこから歩いて京都市美術館に着いた。京都の美術館に行くのは多分10年以上のご無沙汰。京都の街に降り立ったのさえ2年ぶりじゃないかな。お目当ては「ボストン美術館展」。朝9時半ごろ入場したのだけど、入場した時は適度な混み具合だったのに、後からどんどんお客さんが入ってくる。11時半頃に見終わって美術館の外に出たときには入場制限がなされていた。もう今週で終わりだもんね。こっちもずっと観に行きたかったんだけど、今回カミさんが乗り気じゃなかったこともあって中々行けなくて、あと4日で閉幕ってところで年休を取っての単独行となった次第。しかし朝から来ておいてよかった。期間の終盤にきても凄い人気だね。
 ワタシとしては、モネの冒険と題して1部屋モネで揃えた部屋や、シスレー、ピサロらの風景画を並べた部屋で名画をしっかり堪能できました。あとはボナの肖像画「メアリー・シアーズ」が印象に残りました。

 せっかく京都まで来たのでTVで観た「アイスきゅうり」も食べたかったけど、この暑さの中、大原まで足を伸ばすのはシンドイので、美術館付近で日替わりランチを食べて早々に京都を退散。あ、そうそう帰路に三条京阪まで歩いて行って、朝日新聞に出ていた「土下座」の像は観てきたよ。アタシは京都で待ち合わせっていうと、この前閉まった阪急百貨店前を使ってたから、この高山彦九郎像は新聞読むまで知らなかった。三条京阪も利用したことあるのに、全然意識してなかったのね、今まで。

 梅田まで取って返した後は、梅田ブルクで映画「インセプション」を観てきた。これもこの夏ずっと観たかったのに中々観られなかったものの1つ。そう、今日はこの夏観たくて実現できずにいた2つを一気に実現する日だったのだ。
 「インセプション」は面白かった。最後までハラハラドキドキを途切れさせないように幾重にも重なった夢のステージのそれぞれで展開するアクションの多次元中継が面白かった。これまでも登場人物が別々の地点でそれぞれが抱える案件を同時に処理していくストーリーの映画はいくつもあったと思うけど、これを深層心理に何層も潜るという設定にして、複数地点を地理的な水平方向の展開じゃなく、地層を降りていくように縦方向に展開させるという設定や、深く潜るほど知覚する時間の流れが早くなるという設定が観ているコッチを最後まで惹きつけて放さなかった。
 機械とカラダを結線して意識下に展開する世界に入っていく、その世界に入っていっている間のカラダが在る方の世界が危険にさらされる、という設定はすでに映画「MATRIX」で知られたものだし、各層の区別も分かりやすいし、観ていて混乱することはまったく無かった。その上でデカプリオの抱えるトラウマが夢の世界でいろいろな作用を及ぼしてハプニングを生み出したり、このトラウマがドラマの伏線(というよりこっちが本線か)になっていたりで、縦にも横にもハラハラ感が増大されて、ホントに面白かった。さらにはこういう仮想世界モノだったら3Dにしても面白かったろうなぁ、とも思った。
 いやぁ、最後のトーテムのコマが個人的には倒れて欲しいけど、多分回り続けるんだろうなぁ、と思いながら映画館をあとにしました。水没していく車の中からまだ目覚めていないメンバーを岸に引き揚げなくていいんかい、とかツッコミどころはまぁあるんだけど、評価点は5点満点の5点で。

 ところで、映画「パプリカ」のアニメ映画監督の今敏さんの訃報にはびっくりした。日本アニメの大きな損失。合掌。

 映画の後は散髪(ワタシの行きつけには冷やしシャンプーは無いんだけどね)して帰りました。ぁ〜、充実した休日だった。これでいま行き詰っている仕事の方も明日からすーっと進みだすと嬉しいんだが。



TNA06 ニューヨークメトロポリタン美術館(2巻組)【5%OFF!!】【1月?発売】
ワールドネット・ストア
家電>DVD世界三大美術館のひとつとも言われるメトロポリタン美術館。200万点以上の所蔵品を誇るこの

楽天市場 by TNA06 ニューヨークメトロポリタン美術館(2巻組)【5%OFF!!】【1月?発売】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この夏の心残りを解消したのダ 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる