越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ヒューゴの不思議な発明」を観てきた

<<   作成日時 : 2012/03/01 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は1日なので、通常料金なら割高な3D映画を会社帰りに観てきた。予告編を観た限りではHUGOより「ドラゴン・タトゥーの女」の方が観たかったんだけど、「ドラゴン〜」は上映時間が長い。会社帰りに観るにはちとつらい。ま、アカデミー賞で騒がれてたし、前評判もよさげなので、大阪駅の上で「ヒューゴ〜」を観ることにした。
 控えめながら効果的な3D映像はなかなか良い。空を舞う雪も、手からハラハラとこぼれおちる灰も情感豊かだったし、登場人物のアップの時にその表情をよく引き立てていたと思う。時計台の数多くの歯車の組み合わせ構造はいかにもって感じでじっと見ているとちょっと気分が悪くなるくらいだったけど、広い駅構内の様子なんかはホントよく出来ていた。ただ、なんか大阪ステーションシティシネマの3D眼鏡はTOHOシネマズのそれよりかけた感じがなんか重い。眼鏡にしばらく慣れなかったよ。音響もいいなとおもってたらドルビー7.1なのね、今って7.1なんだぁ、知らんかった。
 ストーリーはジョージ・マリエスという昔の映画人への偉大なるオマージュって感じ。映画の黎明期の様子をまだまだ駆け出しの感のある3Dで描いている。主人公の男の子はキレイだったし、他の俳優陣もいい演技していたけど、ストーリー自体はあんまり好きなハナシじゃなかった。映画への思いを綴った映画っていうことなら、ニュー・シネマパラダイスの方が好き。
 最後のクレジットでジョニー・デップの名前があったので、どっか出てたっけ?と思い返してたんだけど、製作なのね。最近のマーチン・スコセッシ監督の映画ってことでなら、デカプリオが出てる3作の方が面白かったな。
 ということで、評点は5点満点の3点。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ヒューゴの不思議な発明」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる