越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS KOBE JAZZ MEETING presented by Blue Note Tokyo観てきた

<<   作成日時 : 2012/07/25 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一昨日、「KOBE JAZZ MEETING presented by Blue Note Tokyo」というイベントを観てきた。JAZZ MEETING ってイベントは昨年からやってるらしい。ブルーノート東京の地方巡業みたいなもんかしら?昨年は富山,秋田で今年は神戸と金沢らしい。そいでその神戸公演に行って来た。会場は神戸国際会館こくさいホール。なんと、驚いたことに阪神淡路大震災後立て直されたこのホールに行くのは今回が初めて!神戸に7年、西宮に11年住んでるのに、前身のホールにも、ずいぶん昔に渡辺美里のコンサートで1回行っただけなのだ。なんといっても神戸の民はコンサートのノリがあんまりいいとは言えない。いや、落語のノリも悪いと談春が言ってた。だから極力神戸や三宮が会場のコンサートは避けていたのだけど、今回はジャズの街神戸でジャズピアノだから問題無かろうということで、初めて神戸国際会館こくさいホールに行って来た。いいホールだねぇ、ここ。いっぺんで好きになったよ。
 さて、前座の Gerald Clayton Trio は置いといて、お目当ては上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat.アンソニー・ジャクソン & サイモン・フィリップスだ。上原ひろみの生演奏を聴くのは、昨年暮れの矢野顕子とのさとがえるコンサート以来。アンソニー・ジャクソンにお目にかかるのも、さらにその前の年のさとがえるコンサート以来だ。サイモン・フィリップスを生で観るのは初めて。
 いやぁ、上原ひろみは最初の曲「Delusion」からエンジン全開! まるで 上原ひろみ 対 アンソニー&サイモン の異種格闘技みたいだ。
 その後、来月だか9月だかに出る新アルバム「MOVE」から「Endeavor」。スペースシャトルのそれから取ったタイトルかどうかは不明。後でこの新譜からもう1曲「MOVE」を演ってくれたんだけど、こっちは目覚ましのアラーム音がどうしても好きになれなくて、曲にしたら好きになれるんじゃないかと思って書いた曲なのだそうだ。どちらの新曲もピアノの上に置いた小さなキーボードを効果的に使ってピアノと合わせながら演奏する曲だ。
 ピアノソロでは「Haze」を演ってくれた。「Haze」はさとがえるの時も演ってくれたんだけど、今回の方がだいぶ良かった。ピアノの周りに風にそよぐ森が見えたよ。
 アンソニーとサイモンはベテランの味を出しながら、上手く上原ひろみの演奏を引き出している感じでいいトリオだと思う。ほんとアンソニーはさとがえるトリオやカルテットの時といい、こういうのが上手いね。
 このトリオまた観たいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
KOBE JAZZ MEETING presented by Blue Note Tokyo観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる