越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「アルゴ」を観てきた

<<   作成日時 : 2013/03/06 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 プロデューサーとしてジョージ・クルーニーが絡んでいることもあって、「アルゴ」正規の公開期間には見逃したまま気になっていた映画の1つだった。先日の米アカデミーの作品賞を獲ったことで(プレゼンターがファースト・レディーってのがどうかと思うが)俄然観に行きたくなっていたこの映画。授賞時点で「アルゴ」の上映予定があったのは宝塚のシネピピアだけだったんだけど、2日からTOHOシネマズ他で受賞記念の緊急上映が決まったことで、梅田で観られることになった。やるね、映画館。
 いやぁ、ベン・アフレックをスクリーンで観るのは久しぶり。ジェニファー・ロペスと婚約したころから全然観なくなってたんだけど、映画を作る側に回っていたとはね。今作が3作目の監督作品なんだそうな。スクリーンの中ではひげもじゃだったけど優男は不変。いかにも主役って感じでルックスでは一人目立ってたね。ストーリーは実話が元になっているそうで、エンドロールの実際に当時救出された外交官の「偽造」パスポート写真と、映画の中で救出される外交官役の6名の俳優陣の顔がみんなよく似ていることや、当時の風俗や映像に限りなく近づけて映像作りをしていることもあって、すごくリアリティが感じられる丁寧な作りの映画だった。その上でイランの米大使館の占拠直前にシュレッダーされた紙くずから、イラン側が子供達を使って元の名簿や顔写真がじわじわと復元していく様子や、一度はアメリカ本国から作戦中止の指令が出たりとか、外交官が乗せた飛行機がイランから離陸しようとするまでの緊迫感のあるシーンなど、サスペンスとしての効果も強められていて、最後までドキドキしながら観られる映画になっている。
 やっぱりクレジットにジョージ・クルーニーが出てくる映画にはハズレが無いね、わたしとしては。評点は5点満点の4点。それでもジョージ・クルーニー絡みなら「グッドナイト&グッドラック」の方が渋くて好きかな。あ、これは主役のシブさの差かな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「アルゴ」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる