越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ルパン三世」を観てきた

<<   作成日時 : 2014/11/01 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は1日だったので、久々に映画館に行ってきた。観てきたのは8月からロングランを続ける小栗旬の「ルパン三世」。今になってやっと観てきた。前から見たかったのだけど、アニメのルパン三世が好きなカミさんがイメージと違う〜、とか言ってなかなか見に行こうとしなかったんだけど、これだけロングランしてるんなら、いっぺん観てやろうということになって、やっと今日観に来た次第。
 結論からいうと、面白かった。最近の派手な日本映画というと、三池崇史監督作品が多いけど、あんまり好きじゃないのよね、アノひとの作品。十三人の刺客ぐらいかな、いいな、と思ったの。その点、北村龍平監督の演出は良かったねぇ。「ルパン三世」だったわ、ホントに。
 小栗旬・玉山鉄二・綾野剛の演技からは原作へのリスペクトが感じられるし、よく研究してると思う。玉山鉄二が正面から見るとニヒルな雰囲気が出ているのだけど、横顔になると鼻の低さにプっとなってしまったことを除けば。
 マイケル役のジェリー・イェンはカッコ良かったねぇ。ま原作のキャラと比べられないところが主役の3名より有利なんだけど。浅野忠信の銭形は良かった。テレビドラマ『ロング・グッドバイ』 でもいい味出していたけど、ここでもカッコいい銭形を現出していた。最後日本で埼玉県警のメガホン持ってルパンを追いかけていたのも原作へのオマージュか。
 カミさんの一押しはなんと黒木メイサの峰不二子。観る前は黒木メイサに峰不二子が務まるのか〜〜!っと言っていたくせに、終わってみればすっかりお気に入り。
 山田優がCA役でカメオ出演していたのはご愛嬌。
 舞台をシンガポールやタイなどのアジアに展開させて、タイ陸軍に協力を得たりと、アジアを舞台にすることで日本でやるよりスケールが大きくなったし、登場人物の日本人なのに今の日本にいなさそうな無国籍風な雰囲気も上手く消化できていて、面白かったよ。シリーズ化できるといいのにね。評価点は5点満点の予想外の5点で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ルパン三世」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる