越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観てきた

<<   作成日時 : 2015/08/10 14:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨日一昨日のマイドーム大阪での用事が終わった後、梅田ブルク7へ『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観に行ってきた。ミッション:インポッシブルシリーズは全部映画館で観てますわん。
 映画のオープニングでびっくりしたのは「アリババ」出資の画面。来たなぁ、中国資本デカデカと。今回もロケ地に中国が入っているのかと思ったけど、それは無かった。どっちかというと、バイク(S1000RR)と車(いっぱい壊されてたなぁ)を提供したBMWの方が目立ってたな。でも、ウィーンのオペラ座に舞台が移った時、演目が『トゥーランドット』だったのはやっぱ中国資本の影響かしら。しかし、本物のオペラ座借り切っての暗殺の駆け引きのシーンはなかなか良かったです。レベッカ・ファーガソンの脚線美も見られたし。
 出だしにみんなの目を惹くアクションは予告編にもある、輸送機の扉の外に張り付いているシーンだけど、ようやるわぁ、って感じ。でも、機内に入ってしまうとあっさりしたもんで、場面はアレック・ボールドウイン演じるCIA長官がスパイ組織“IMF”の解体を訴えるシーンに変化。貫禄あり過ぎて、CIA長官がアレック・ボールドウインだとしばらくわからなかったよ。今回一番だったのは、サイモン・ペックが演じるベンジーだったね。いろんなところで笑わせてもらった。こんなに笑ったミッション:インポッシブルシリーズは初めてかも。MI6のはぐれ女スパイを演じるレベッカ・ファーガソンのアクションもすごかったね。「太ももさばき」で次々とオトコを倒していく様は圧巻。バイクの方はスタントのひとだと思うけど。捕まったベンジーを解放してからトンズラ決め込むまでのハントとの顔の演技もよかったしね。レーン役のショーン・ハリスはクールだったけど、もっと爬虫類っぽさが前に出ててもキモくてよかったかも。レコード屋さんの女性、すぐ死んじゃったけど可愛かったな。
 バイクチェイスのシーンはスピード感はあったけど、MI2の方が曲芸やってて面白かったかな。どっちにしろ、モロッコのあんな砂っぽい道でバイク肘するまでもあんだけよぉ倒さへんわ。スゴイ。
 5作目は各国首脳を危険なメにあわせた割には深刻さがあまり感じられなくて、サラっと見られる映画だった。見せ場も上記の他に水中金庫に飛び込むシーンなど盛りだくさんで2時間以上もあるとは思えなかった。評価点は5点満点の4点。何も考えずにハラハラドキドキの楽しい2時間が過ごせます。そうはいってもちょっとはヒネろうぜ、真っ直ぐ過ぎるわ、スパイ映画にしちゃ。という意味でマイナス1点。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる