越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS オリックス劇場で六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」を観てきた

<<   作成日時 : 2015/08/22 23:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夜は、オリックス劇場で六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」を観てきた。オリックス劇場で芝居を観るのは『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックV』以来なので2年半ぶり。
画像

 さて、PARCO歌舞伎、コクーン歌舞伎はWOWOWで観たことがあったので、さて脚本:宮藤官九郎、演出:三池崇史で市川海老蔵/中村獅童/「こども店長」加藤清史郎が出るこの出し物も楽しみにしてたんだが、んー、期待外れ。
 なんか、市川海老蔵のファン感謝デーみたいなチープな芝居。スターウォーズを下敷きにした「暫」のパロディ。舞台に楽屋を作って、この芝居を思いついた当時の市川海老蔵と中村獅童の楽屋での会話を加藤清史郎をイジりながら、暫の隈取を描きながら再現するところから、芝居が始まるんだが、最初は良かったんだが、休憩明けの獅童と鯛蔵(加藤清史郎)のやりとりとかクドイ、くどすぎる。
 「暫」の霊力、すなわち成田屋の「にらみ」を『フォース』ととらえ、「超人」がエイリアンを追い払う、という設定は悪くないだけに、江戸の町人の描き方とかもう少しなんとかならなかったのかねぇ、高窓太夫も全然だったし、地球投五郎(市川海老蔵)が「し〜ば〜ら〜く〜」と「暫」の格好で登場してから駄足米太夫(ダースベイダユウ、獅童)をいったん追い払うところまでは良かったんだが、後半のアドリブに弱い与駄(ヨーダ、加藤清史郎)が出てきたあたりから、なんとも締まらない芝居になっちゃったねぇ。なんかあると「にらみ」効かせてくれるんだけど、なんか「にらみ」も大安売り状態になっちゃって、地球投げるころには、こっちはあくびがでちゃったよ。
 こういうところで新しいファンを開拓して、本当の「暫」を観たくなって本公演に来てもらおうって狙いもあるんだろうけど、ちょっとチープ過ぎんじゃね?評価点は5点満点の2点。当分成田屋は観ないぞ。しかし、今回の芝居でやたら海老蔵のブログ更新回数がスゴイスゴイっていうので初めて見てみた。ははは、確かに凄い頻度だ。今回これだけは成田屋スゴイって思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリックス劇場で六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる