越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観てきた。

<<   作成日時 : 2015/12/28 21:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観てきた。場所はTOHOシネマズ 西宮OS。「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は18日からやっていたけど、米国MediaMation社の“MediaMation MX4D™”システムというのが23日にできるというので、待っていたのだ。
 しかし、3D眼鏡かけてMX4Dまでのフルコースはお値段が高い! MX4D自体がUSJの「シュレック 4-D アドベンチャー」みたいな施設だけど、ホント遊園地並みのお値段ですわ。これは映画がしょぼいとカネ返せーってことになりかねません。でも、映像に合わせて、椅子が揺れたり風を顔に当てたり、ニオイが出たり、スクリーンの前に煙が出たりと、しょぼい映画も5割増しで楽しませてくれる仕組みでもありますな。ま、アクションとかホラームービーじゃないと効果が活きないでしょうけど。かつて今の流れの3D初体験が「アバター」で大変感動したので、4D初体験も「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」でバッチリきめたかったのよ。はたしてその効果といえば、バッチリでしたな。登場人物が地面に叩きつけられたりすると、「バックポーカー」という仕組みが働くのだけど、こいつはどうも、後ろのヤツに椅子を蹴られている感じがしてちょっと不快。もっとマッサージ椅子の機能も取り込んで上手く表現できるといいのだけれど、ますますお高くなりそう。風はカップホルダーの先にあるノズルから出るのだけれど、座高が高いためか、風が3D眼鏡の下から滑り込んできて、コンタクトレンズがヤバイ。後は全部面白かった。
 で、映画の方ですが。ベンってやっぱり母親の恩人ベン・ケノービから採った名前なんだろうな。ベンって呼ばれて振り返ってアッサリとマスクを脱いじゃうなんて。この映画の一番のガッカリは悪役側だよね。簡単に敵に素顔晒すぐらいならマスク被るなよ>カイロ・レン。んでもって、スノークは「ヴォルデモート卿」かと思ったよ。そう見えちゃったらカイロ・レンなんかいじめられてる頃の若かれし頃のスネイプ先生にしか見えなくなってきたし。一応「父殺し」もやってのけたし、次作で成長しているのかしら?>カイロ・レン。でも最終話でやっぱ寝返ってスノークを倒すという一回やったオチをもう一回やるのかしら。
 そしてこの映画の良かったところは、レイ役デイジー・リドリーの初々しい演技とBB-8の可愛さ。R2-D2と並ぶとその可愛さが引き立つ。でもルークがいるホズニアン・プライムにBB-8が同行しなかったのが残念。レイア姫もいい感じで老けて、ハン・ソロに「あなたデス・スターの一件以外で役に立ったことありましたっけ?」と言い放つところも相変わらず。次作でもレイアとソロで夫婦漫才やって欲しかった。フィンの登場はこの映画で唯一新鮮だった。ストームトルーパーの中身はクローンだと思っていたので、裏切るなんて想定外、っと思ってたら小さい子供をさらって教育してストームトルーパーに仕立てていたのね。敵の組織「ファーストオーダー」は恐るべき超兵器スターキラーを造りあげるほどの科学力があるのに、カイロ・レンをはじめ人的なシステムに問題が潜んでいそう。
 まデジャビュばかりの新作だけど、初めてスター・ウォーズを観る人、4〜6作大好きなヒトにはおさらいみたいな意味もあったのかしら?かなりいろいろ詰め込んでるもんね。序章としては○ですから、次作以降、シリーズ全体を締めくくる名作が出て来ることを祈っております。>J・J・エイブラムス監督
 評価点は5点満点の3点。MX4D込みで4点。ってことで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる