越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-」を観てきた。

<<   作成日時 : 2016/03/06 19:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 NHKの痛快娯楽時代劇『ちかえもん』最終回の翌日(3/4)、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-」を観てきた。『ちかえもん』は「曾根崎心中」誕生までの前日談。万吉(青木崇高)が狂言回しを上手く演じていた(人形だったとはね)。一方こちらは『心中天網島』をベースにした芝居。狂言回しの役は中嶋しゅう。置屋のばあやだったり、近松門左衛門らしき男性だったりして、借金のため夜の商売に身をやつすハル(深津絵里)を導き、「心中天網島」の遊女・小春(中村七之助)に引き合わせる。
 中村七之助の小春、いやぁ、え〜わ〜、歌舞伎役者が歌舞伎の外で演る芝居は何本か見たことあるけど、初めて本物の歌舞伎見に行きたいと思った。刺されて崩れ落ちる様なんか、今でも目に浮かぶ。深津絵里の演技も負けてないけど、やっぱ一流の女形が女形の役で出てきちゃ、かなわんわ。ただ、「心中天網島」の初演から10万回以上も繰り返し死に続けるっていうのはなんかつらいね。全然違うけど、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を思い出してしまった。その「ETERNAL」に違う道筋を付けたこの芝居、ほんとに面白かった。評価点は5点満点の5点で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ETERNAL CHIKAMATSU -近松門左衛門「心中天網島」より-」を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる