越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「あやしい彼女」の試写会に行ってきた。

<<   作成日時 : 2016/03/23 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今夜、大阪商工会議所 国際会議ホールへ映画「あやしい彼女」の試写会に行ってきた。朝日新聞のイベントの抽選に2週続けて当たってしまった。しばらくはクルマに当たらないように気をつけないとな。多部未華子を観るのは正月の舞台「ツインズ」以来。 デカワンコやドS刑事の頃から日テレと多部未華子の組合せにハズレはないね。監督も『舞妓Haaaan!!!』、『謝罪の王様』の水田伸生だしね、この映画面白かった。と思ったらこの大ヒット韓国映画「怪しい彼女」のリメイクじゃないか!、タイトルで気づけよ>オレ。逆にヒットしないと問題になっちゃうんじゃないの、この映画。
 小林武史(劇中の要潤の役は小林武史のなりたい姿なんだろうか?オンナには困ってないらしい設定らしいけど)監修の劇中歌もナツメロもドロドロの歌やたまごかけごはんの歌も含めてみんなよかった。商店街のカラオケ大会のステージなのに金井克子がキマってた。昭和を感じさせる街並みと音楽が出てくる映画なんで、昨年の渋谷すばると二階堂ふみの映画「味園ユニバース」を思い出したわ。あれもなかなか面白かったけど。はじめは倍賞美津子のシーンが長くて中々多部未華子が出てこないので焦れたけど、後で考えれば、あのくらい倍賞美津子が出てないと、多部未華子の演じるキャラクターの面白さが伝わらないかぁ、と納得。志賀廣太郎と倍賞美津子、金井克子、多部未華子との掛け合いも面白かった。夜に妖しく輝く温水の写真屋も良かったしね。おかげでエンディングまですっかり笑わせてもらった。エンドロールも多部未華子のボーカルが観れて楽しめる。彼女の唄うシーンは『見上げてごらん夜の星を』も良かったけど、やっぱり『悲しくてやりきれない』が良かったな。泣けましたわ。クライマックスのこの映画の主題歌『帰り道』もなかなか。でも、どうしてもどう苦労多き人生を送っても多部未華子が倍賞美津子になるとは思えないのと、北村匠海が可愛かったけど、存在感で渋谷すばるには負けるので(なんじゃそら)、評価点は5点満点の4点。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「あやしい彼女」の試写会に行ってきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる