越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 西宮市大谷記念美術館で「マリメッコ展」を観てきた。

<<   作成日時 : 2016/10/09 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は西宮市大谷記念美術館で「マリメッコ展」を観てきました。今年1月高知からスタートして全国を巡回中の展覧会で、石見を経て、昨日からここで開催されています。下は本展のポスター等でも採用されている、マリメッコの代表的なデザインである、マイヤ・イソラ作の≪ウニッコ≫(ケシの花)です。ミナ・ペルホネンとかマリメッコとか、美しいテキスタイルの生地で洋服やらファブリックを生み出してるデザインハウス、という認識はあるんだけど、よく知らなかったので、今回地元に巡回展が開かれるのを機に行ってみることにしました。
画像

 ミナ・ペルホネンもマリメッコもフィンランド語の名称だけど、ミナ・ペルホネンは皆川明氏による日本のブランド。マリメッコはアルミ・ラティア氏創業のフィンランドのブランド。でも、日本人デザイナーがマリメッコに関わっていたのは本展で初めて知りました。脇坂克二による車のデザインがかわいい≪ブ ブー≫や、小川を流れる梅花藻の揺れる様を表現したような≪プロ≫、石本藤雄による12色の色鉛筆みたいなやさしい筆致の≪マイセマ≫や、シベリア地方の針葉樹林を意味する≪タイガ≫など、マリメッコに詳しくないワタシでも知ってるようなデザインです。しかし、なんでフランスやイタリアじゃなく、フィンランドなんでしょうね?
 マリメッコは創業したアルミ・ラティア本人はあまりデザインはせずに、力のあるデザイナーに自由にデザインさせることでその魅力を高めていった企業のようで、展示の中にあったビデオで石本藤雄も自由にやらせてもらった、というようなことを語っていました。映像は他に、フィンランドの風景を映したものや、マリメッコのスクリーン印刷機を使ったプリント工場の様子を映したものがありました。
 デザイナーは先の2人の日本人の他にヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミを始めとして、春夏に売れ行きが偏りがちなコットンプリント中心のマリメッコに秋冬に売れるウール地を持ち込んだリーサ・スヴァント、ジャージー地の「タサライタ」を生み出したアンニカ・リマラ、創業者アルミの息子リストマッティ・ラティアがデザインしたキャンバス地のバッグ等、その時代時代を代表するデザイナーの作品が展示されていて、マリメッコのデザインの変遷がよく分かるようになっています。
 それらを見ることで、マリメッコって草花や自然物をもとにした抽象的な文様ばかりかと思ったら、ストライプや幾何学的な文様があったり、無地の生地を使った服があったりと、本当に担当デザイナーそれぞれが独自色を出しているのだけど、それなのに、どこがマリメッコだよ〜、っていうのは1つもなくて、ぁ〜これもマリメッコだったんだぁ〜、と思い知らされるものばかりでした。JFKの妻ジャクリーン・ケネディがマリメッコを着ていたのも今日初めて知りました。彼女が着ていたといわれる服も展示されています。マリメッコの服は創業当時はまだコルセットで締めつけられていたフィンランドの女性たちの体を解放してあげること、のびのびと動き回れる服を、というコンセプトだそうで、ストーンとしたデザインの服が多く、朝ドラ「ととねえちゃん」の『直線裁ち』を思い出しました。ウエストはゆったりして動きやすそうだし(着たことないから分かりませんので)、美しいプリント柄が映えますもんね。そういや、今朝の朝日新聞では、新しい朝ドラ「べっぴんさん」のモデルになったファミリアとマリメッコは創業時が同時期だそうで、服飾を通した女性の社会進出について考えてみよう、みたいなことが書いてありましたが、そこまでは分かりませんわ。
 今日、本展を観に行ったのには、14時からのギャラリー・トークが目当てだったのですが、今朝の新聞のせいか、まだオープン2日目のせいか、すごい人出で(結構マリメッコ着ていらっしゃる観覧者の方がおりましたな。学芸員さんもストライプのシャツお召しでしたし、マリメッコの着物の女性もおられましたな)、本来巡回するはずのイベントなのに、学芸員の方が作品の前でないエントランスホールで15分ほど説明した後、みんなで2階の第3室へ移動して各作品について10分ほどで説明する、という都合30分ほどのトークになりました。ちょっと残念です。ま、予約制でない時点でこういう事態も予測しておくべきでした。学芸員さんによれば、生地の試料や文書等の資料の展示スペースは西宮展が一番広く確保されているそうで、よく見られますよ〜、とのことでした。
 本展で見られる情報量は多いと思います。評価点はギャラリー・トークの分を差し引いて5点満点の4点ということで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
西宮市大谷記念美術館で「マリメッコ展」を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる