越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 「西宮の狩野派 勝部如春斎」展を観てきた。

<<   作成日時 : 2017/05/04 18:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は西宮市立大谷美術館で「西宮の狩野派 勝部如春斎 18世紀摂津の画人列伝」を観てきた。会期も7日までで終わり、最近会期末に行くことが多いなぁ。
 勝部如春斎は西宮の裕福な造り酒屋の次男坊。長男が蔵を継ぐので、次男は大阪で絵の勉強をしていたらしい。お客の依頼で、屏風・襖絵・掛け軸の絵を描いていたらしい。襖絵は実際のお寺の襖絵なので、結構色褪せた感じなのはしょうがないか。襖絵は《秋草に鶴図》や《花鳥図》が良かった。掛け軸の絵では《舜挙椿之図》、《富士越龍図》、《牟礼高松図》、屏風絵では《龍虎図》、《牡丹図》が良かったかな。でも、正直なとこ、勝部如春斎より18世紀摂津の画人列伝の展示室に並んでいた森派の森周峯《豊干禅師図》や森狙仙《猿図》の方が好みだわ。ということで、評価点は5点満点の3点で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「西宮の狩野派 勝部如春斎」展を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる