越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『ドリーム』を観てきた。

<<   作成日時 : 2017/10/09 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かつて映画『ライトスタッフ』(原題:The Right Stuff)に感動した世代としてはマーキュリー計画をべつの視点で捉えたこの映画を見逃すわけにはいかないってんで、TOHOシネマズ西宮OSで観て参りましたわ、映画『ドリーム』(原題:Hidden Figures)。『アポロ13』といい、この手の映画大好きです、私。
ただ、この映画は漢(オトコ)の映画じゃないです。女性のそれもカラードの女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの三人が1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた物語を描いたドラマです。なので、まず闘うべき相手はジェンダーによる性差別であり、肌の色からくる人種差別です。キャサリンが800m先にしか無い有色人種用トイレまで走る様は何度も描かれてますし、管理職を目指すドロシーや、女性初のエンジニアを目指すメアリーがガラス?の壁に跳ね返される様子も何度も描かれます。それらの闘いに勝ち、マーキュリー計画に関与する地位を獲得していく過程は思わず観ている方が応援したくなります。なんか文部科学省推薦が付きそうな行儀の良い感動ドラマですが、良いものは良いです。しかし差別していると気付いていない差別行為ほどタチの悪いものはありませんな。あ、カミさんは数式が出てきてしんどかったと言ってましたが、あんなもんボーっと眺めとくだけにしとかないと危険ですワ。私はオイラーにウッとなった反面、FORTRANは懐かしかったです。ってワタシのは77だったり90だったりするんですが。総括するとリケジョ応援映画ってとこでしょうか。評価点は5点満点の5点で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画『ドリーム』を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる