越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 「絵画のふしぎ 〜県美・絵画・名品選〜」と「JAPAN KOBE ZERO の軌跡」を観てきた

<<   作成日時 : 2017/11/12 19:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 兵庫県立美術館で「大エルミタージュ美術館展」を観た後、「絵画のふしぎ 〜県美・絵画・名品選〜」と「JAPAN KOBE ZERO の軌跡」やらを観てきた。
 3階→2階→1階の順に観たので、まず小磯良平記念室。いつもいっしょね。年に3回ほど数点入れ替えてるらしいけど、年に1,2回しか来ないからいつも一緒に見える。金山平三記念室はちょっと変わってたかな。
 「JAPAN KOBE ZERO の軌跡」。「具体美術協会」みたいなのが神戸にもあったのね、知らんかった。
 「絵画のふしぎ 〜県美・絵画・名品選〜」。
【第1章 あたかもそこにあるかのように】 7点ほどあった、小林清親の作品が気に入った。
【第2章 再現から表現へ】 小出楢重の作品や、浅原清隆《郷愁》、須田国太郎《工場地帯》、阿部合成《見送る人々》が良かった。
【第3章 開かれた窓】 池田永治《まど》、国枝金三《大阪街景》、金山平三《秋日和(群馬吾嬬)》、小松益喜《北野小径》、小出楢重《ピヂャマの女》、伊藤清永《室内》、シーガル, ジョージ《青い戸口のまえに立つ青い娘》、四宮金一《Room(25)椅子なき静座》、四宮金一《Room(63)2つのボックスは詩う》が良かった。
【第4章 かげ、あと、しるし、もの】 斎藤義重《作品3》、菅井汲《ハイウェイの朝》、白髪一雄《猪狩(弐)》が良かった。
【第5章 何がどう見えている?】 斎藤智の《薄明1》と《無題75-B》、山口勝弘《ヴィトリーヌ「静かな朝」》、下谷千尋《Stones are related to words are related to stones are related to..》、ルース,ジョルジュの5作品が良かった。
 「絵画のふしぎ 〜県美・絵画・名品選〜」は評価点は5点満点の4点。第1章がもひとつだったかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「絵画のふしぎ 〜県美・絵画・名品選〜」と「JAPAN KOBE ZERO の軌跡」を観てきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる