越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 "ain't on the map yet"

<<   作成日時 : 2018/03/18 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 3月14日(水)はなんばHatchへNulbarich ONE MAN TOUR 2018 "ain't on the map yet"を観に行ってきた。Nulbarich のライブは初めて。Suchmos 聴いてたら自然とNulbarich も聴くようになったって感じ。ちなみにSuchmosのライブは昨年11月のZepp Osaka Baysideの「TOUR FIRST CHOICE LAST STANCE」に行った。なんばHatchへ来たのは先月の「ぼくのりりっくのぼうよみ TOUR 2018 Fruits Decaying」以来。最近この年代のアーティストのライブ行くのが増えてきたかしらん。
 Nulbarich のキャラクターのナルバリくんがJamiroquaiのそれに似ているので、そっちよりかなぁと思ってたけど、ちまたじゃ和製マルーン5とか呼ばれているらしいな、確かにそういう風にも聴こえるけど、ワタシはどっちでもいいや。 "ain't on the map yet"というツアータイトルには、“俺たちの音楽は未だ地図に載っていない”という意味だそうで、このなんばHatchがツアー初日。JQからも少し緊張がうかがえるスタートは「H.O.T」から。19:30スタートということで珍しく晩飯食ってからライブに来たんだけど、1曲目からノリノリ。晩飯少な目にしといて良かった。
 ステージには向かって左奥から鍵盤が2名、左前にはギターが2名、ステージ中央にはJQ、右奥はドラム、右前にはベース兼鍵盤1名と、ベース(エレキとウッド)1名、という構成。ギターの中央側の赤いギターが中盤で曲順間違って、JQにいじられてた。JQ以外はメンバーが固定していないユニットだとは知らなかったよ、道理でステージ上は不思議な空気感。あと、ホワイトデーということで、JQが「ホントは食べ物投げるなんて粗末にしちゃいけないんだけどね。」とか言いながらマカロンを女性観客に投げてた。肩がいいのか、意外にマカロンが遠くまで飛んでた。
 しかし、Nulbarich ってアンコール無いのね。それを知ってか知らずか、観客の終演後の拍手もまばらだし。こっちとしてはなおのことステージにもう一度引っ張り出して挨拶だけでもさせようと意地になって手を叩いてたんだけど、最近の若い衆はアンコールの拍手あんまり一生懸命に叩かないねぇ。ぼくりりの時も会場が明るくならなけれはアンコールあるんだろと思って手も叩かずにスマホいじって待ってるだけのヤツの多いこと。大阪ってもっとノリのいいやつらばっかりじゃなかったっけ?ま、この夜は早々に会場明るくされちゃったんだけど、残念。
 Nulbarich の演奏と関係ないところで不満が残って、評価点は5点満点の4点。アンコール無くても1回くらいステージに引っ張りだそうぜ、みんな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Nulbarich ONE MAN TOUR 2018 "ain't on the map yet" 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる