越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 『生誕150年 横山大観展』に行ってきた

<<   作成日時 : 2018/06/17 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 オットー・ネーベル展の後、昼飯休憩を挟んで京都国立近代美術館へ徒歩移動し、『生誕150年 横山大観展』に行ってきた。6月8日から7月1日までは前期展示の期間。眼玉は《夜桜》と《紅葉》。どちらもカラフルで迫力もあってよかったです。《夜桜》は焚火の煙が生々しくてちょっといやでしたけど。《紅葉》は赤が青い水面に映えてました。
 「明治」の大観では、《菊慈童》、《曳船》、《隠棲》、《杜鵑》、《白衣観音》、《彗星》が良かった。
 「大正」の大観では、《山茶花と栗鼠》、《松並木》、《瀟湘八景》、《荒川絵巻(長瀞之巻・赤羽之巻)》、《洛中洛外雨十題のうち 辰巳橋夜雨》、水墨画の技術の粋を尽くした重要文化財の大作《生々流転》(期間を3分して巻替え)が良かった。
 「昭和」の大観では、白が生々しい《夕顔》、滝の構図に惚れました《飛泉》、存在感のある《柚子》、《海に因む十題名のうち 海潮四題・秋》、岡倉天心への想いがにじむ《中秋無月(天心先生歌意)》、《南溟の夜》、《漁夫》、《霊峰飛鶴》、《被褐懐玉》が良かった。
 ごめんなさい、オットー・ネーベルの方が好みだわ。評価点は5点満点の4点で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『生誕150年 横山大観展』に行ってきた 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる