iri Presents “Five Zepp Tour 2020” に行ってきた

 昨日は Zepp Namba で iri のライブを見てきた。コロナ禍以降ライブ見に行くのは先月の竹内アンナ、SOIL & "PIMP"SESSIONS に続き3本目。またまた感染防止の締め付けも強くなって来し、今年最後のライブになりそう。感染対策下のZepp Namba は1階も椅子が並んでた。Zepp Namba の1階に椅子があるのは初めて見た。こりゃドリンクもノンアル縛りかと思ったら、缶ビールが出てきた。よかった、アルコール出てきたよ。でも自分の席は2階席。Zepp Namba の2階席も初めて。思ったよりステージが遠く感じますな。iri の声も低音だし、なんかあんまり2階まで音が届かない感じ。ちょっとがっかり。
 iri のライブに行くのは初めて。アルバム「Sparkle」が秀逸だったので、どんなヤツが歌っているのか、全然予習もなく興味津々で見に来た次第。いい感じの曲ばっかりのアルバムだし、ジャケットの写真も美人さんだし、女性版SIRUPみたいなヤツがカッコよくステージに颯爽と現れるのを期待していたんだが、びっくり! 首か腰でも痛めているのかというくらい、そろりそろりとご入場。歌い手の口から繰り出す音楽と肩から下の体の動きの乖離に違和感増しましで見ていて吹き出しそうになった。聴衆が総立ちでノリノリなのに、ステージ上の歌い手がそろりそろりって、狂言役者でももっと軽やかに動くだろ~~って思ってしまった。iri がギター提げて歌いだしたところから、動きの無さにようやく慣れてきて、本編後半からアンコールにかけてはこちらもノリノリで見させていただきました。MCもほとんどなく、歌いまくりの90分。セットリストには満足してます。
 しかし、もう少し跳ねようぜ、衣装も軽やかなのにした方がいいって、と思いましたので、評価点は5点満点の3点で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント