映画『ヤクザと家族 The Family』を観て来た

 今日14日はTOHOシネマズデーということで、西宮ガーデンズで映画『ヤクザと家族 The Family』を観て来た。ヤクザ映画を観るのは「孤狼の血」以来。今話題のヤクザ(元ヤクザ?)映画というと、この映画と『すばらしき世界』の2本。となれば役所広司が出てない方を当然選ぶ。役所広司は役者は上手いけど、ヤクザ映画には向いてないと思う。
 ということで、ハンシャ物には出ないと言われる石原プロから舘ひろしを組長役に迎え、映画「新聞記者」の藤井道人監督が撮ったこの映画。主演が松坂桃李でなくて良かった。綾野剛の山本サンは良かったね。なんかなんといえない表情で演技してくれて、観ているこっちは哀しいのにおかしくなる。舘ひろしの柴咲組の組長役も良かった。中華料理屋で豊原功補演じる加藤にタンカを切るも、落ち目の組長の悲哀が出てましたわ。しかし駿河太郎があんなにヤクザ役が似合うとは思わなかった。本作一番の適役。しかし14年の刑期を終えて出所してみれば、かつてのヤクザ映画のように、身内や敵対する組との抗争じゃなく、暴対法や条例に追い詰められているヤクザ稼業。一本気な山本サンは完全な浦島太郎状態。泣く泣くカタギになってみれば、ネットやマル暴に追い詰められる始末。「ヤクザに人権なんてない」と言われてしまえばそれまでだが、それじゃ暴力の再生産になるだけだろ。映画の方もジメジメといじめられる方じゃなく、哀しく破滅的なエンディングを選択。半グレになっちまった磯村勇斗演じる木村の息子と山本の娘がどうなっちゃうのか心配なれど、海の夕景にエンドロール。ん~~、どうなんだろ。冷たくつめたぁく終わった方が良かったんじゃないかしら。評価点は5点満点の4点。マジメにヤクザ稼業に徹する北村有起哉も山本の娘を真面目に大事に育てた尾野真千子も、木村の妻の寺島しのぶも山本の子分細野を演じる市原隼人も好演だったけど、なんか終わり方がなぁ~~。あの300万円で一発逆転のストーリーとかなかったのかしら映画なんだし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント