映画「聖なる犯罪者」を観て来た。

 今日せっかく映画を観に三宮まで出て来たので、もう1本観て帰ることにしました。今度はシネ・リーブル神戸で映画「聖なる犯罪者」を観て来ました。シネ・リーブル神戸で映画を観るのも凄い久しぶりで2008年に「落語娘」を観て以来。あんまり久々なので、こっちは館内のレイアウトがわかんなくて、帰る時に出口探しちゃいました。神戸国際松竹では迷わなかったのにね~。
 この映画の舞台はポーランドの田舎。少年院を仮釈放になった若い男が、受け入れ先の製材所に向かったものの、院でのミサに影響を受けて神学校に入りたかった希望が捨てられず(前科者は入学できないらしい)、製材所のある村の教会に派遣された若い司祭としてどさくさに紛れて成りすますことに。さらに教会の司祭が入院してしまい、司祭代理として振舞うことになり、「トマシュ神父」として徐々に村人に受け入れられていく。しかし、ポーランドの田舎も病んでますなぁ。あんなに普通に覚せい剤が出回ってるんですね。ラリった若者6人が乗り込んだ乗用車と、カミさんと喧嘩して自暴自棄になって自殺してやるって言い残して出て行った中年男の車の正面衝突による7人全員の死亡事故が村に大きな影を落としているのだけど、残された家族間の対立を村長も司祭も真実を明らかにせずうやむやにおさめようとする中、この「司祭代理」が真実を明らかにして双方を救済しようとこころみるのだけど、「司祭代理」の正体に気付いた少年院の顔見知りの登場で、一気に追い詰められていく。主演のダニエル役のバルトシュ・ビィエレニアはなんかパンクロックのミュージシャンみたいで独特の雰囲気でしたな。この事故で息子を失った母親で教会の世話役のリディアを演じるアレクサンドラ・コニェチュナも好演でした。原題はポーランド語で「Boze Cialo」、「聖体祭」のことらしいです。
 原題はポーランド語で「Boze Cialo」で「聖体祭」のことらしいです。映画の中でも聖体祭のシーンが出てきます。 ある種の経験から来るダニエルの説教は本質を突いている面もあるのだけど、正体がバレる前に事故の件だけでも解決しようと焦っていたのか、なんかストーリーの運びは荒いです。誰(司祭?警官?村長?少年院の顔見知り?)が正体を暴いたのかもはっきりしない中、いきなり本物のトマシュ神父が現れて、司祭ごっこが終わります。評価点は5点満点の3点。最初サスペンスを期待しただけに、おおきなどんでん返しもなく、なんか消化不良な感じです。

映画「世界で一番しあわせな食堂」を観て来た。

 今日は神戸国際松竹で映画「世界で一番しあわせな食堂」を観て来た。三宮に来るのが去年3月1日に神戸市立博物館で特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」を観に行って以来。去年はルミナリエも無かったしなぁ。そいでもって三宮で映画を観るのが2012年の「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」をMINT神戸で観て以来。神戸国際松竹もはるか昔に来たことあるハズなんだが、このブログに載ってないところを見ると、2004年以前ってことになるらしい。じゃぁなんで神戸国際松竹に来たのかというと、「世界で一番しあわせな食堂」をやってる数少ない映画館でなんと今日はサービスデーで1,200円で観られる日だったから。西宮ガーデンズ出来てから全然三宮って来なくなったもんな~。
 この映画館のあるビルに来るのも最後にパスポート更新して以来だから何年振りだろ? でも直通エレベータの場所も覚えていて、すんなり映画館まで来れました。
 フィンランドが舞台で「食堂」がタイトルに付けば、私がまず思い出しちゃうのが「かもめ食堂」。あれはヘルシンキが舞台だったけど、この映画は北部のラップランド地方。キッティラとかRaattamaとかパッラス・ユッラストゥントゥリ国立公園あたりが舞台かな~と思われます。まぁきれいなところです。最近、サウナのTV番組が多くて、本場フィンランドまで行く番組もいくつか見て、キレイなところだなぁと思ったけど、ラップランドまで行くとさらに美しいですね。まぁ、夏だから美しいんですが。私は雪が嫌いので冬は遠慮したいですが。
 原題は「Mestari Cheng」なので「チェン親方」か「マスター・チェン」ってとこですかね。恩人を探しにはるばる北部の村までやってきた男の子連れの中華料理の料理人チェンさんの薬膳や太極拳に村人が健康を取り戻し幸せになっていくハナシなんですが、湖の水まで手ですくって飲めちゃうくらい美しい自然に囲まれている村人が薬漬けってのが皮肉です。「(健康のために)もう俺は今日から中華料理しか食べないぞ!」ってなんて寂しい「食」なんでしょ? なんで壊れちゃったんですかね。若い人は皆都会にいっちゃって老人ばかりでは食生活もさびれていっちゃうんでしょうか? フィンランドでさえこれでは、いわんや日本やほかの国も同じ道を辿るのは時間の問題かも(ぁ、もうなってるのか)。
 じい様方がチェンを連れて自家製のサウナ(これが湖で水浴する本格的なヤツでじい様の一人がサウナ職人らしい)や、湖に大きないかだを出してそこでアコーディオン奏でながら飲んで唄って楽しそう。じい様の一人は歌が上手く、多分あのいかだも他のじい様の手製なんでしょうな。もうなんか、悠々自適の老後を送っているようで、健康にだけは恵まれてないなんて、ホント不思議。ヒロインのシルカ役のアンナ=マイヤ・トゥオッコも、お堅いチェン役のチュー・パック・ホングも中心的なじい様のロンパイネン役のカリ・バーナネンも好演でした。
 評価点は5点満点の4点。本作も「かもめ食堂」負けず劣らず良かったです。ストーリーは単純ですが、美しい自然とヒトの情愛にほっこりしたいヒトにはおススメ。

映画『ヤクザと家族 The Family』を観て来た

 今日14日はTOHOシネマズデーということで、西宮ガーデンズで映画『ヤクザと家族 The Family』を観て来た。ヤクザ映画を観るのは「孤狼の血」以来。今話題のヤクザ(元ヤクザ?)映画というと、この映画と『すばらしき世界』の2本。となれば役所広司が出てない方を当然選ぶ。役所広司は役者は上手いけど、ヤクザ映画には向いてないと思う。
 ということで、ハンシャ物には出ないと言われる石原プロから舘ひろしを組長役に迎え、映画「新聞記者」の藤井道人監督が撮ったこの映画。主演が松坂桃李でなくて良かった。綾野剛の山本サンは良かったね。なんかなんといえない表情で演技してくれて、観ているこっちは哀しいのにおかしくなる。舘ひろしの柴咲組の組長役も良かった。中華料理屋で豊原功補演じる加藤にタンカを切るも、落ち目の組長の悲哀が出てましたわ。しかし駿河太郎があんなにヤクザ役が似合うとは思わなかった。本作一番の適役。しかし14年の刑期を終えて出所してみれば、かつてのヤクザ映画のように、身内や敵対する組との抗争じゃなく、暴対法や条例に追い詰められているヤクザ稼業。一本気な山本サンは完全な浦島太郎状態。泣く泣くカタギになってみれば、ネットやマル暴に追い詰められる始末。「ヤクザに人権なんてない」と言われてしまえばそれまでだが、それじゃ暴力の再生産になるだけだろ。映画の方もジメジメといじめられる方じゃなく、哀しく破滅的なエンディングを選択。半グレになっちまった磯村勇斗演じる木村の息子と山本の娘がどうなっちゃうのか心配なれど、海の夕景にエンドロール。ん~~、どうなんだろ。冷たくつめたぁく終わった方が良かったんじゃないかしら。評価点は5点満点の4点。マジメにヤクザ稼業に徹する北村有起哉も山本の娘を真面目に大事に育てた尾野真千子も、木村の妻の寺島しのぶも山本の子分細野を演じる市原隼人も好演だったけど、なんか終わり方がなぁ~~。あの300万円で一発逆転のストーリーとかなかったのかしら映画なんだし。

大阪フィルハーモニー交響楽団第545回定期演奏会に行って来た

 大阪フィルハーモニー交響楽団第545回定期演奏会の2月13日(土)午後3時の回を観にフェスティバルホールへ行って来ました。大フィルの定演に行くのは一昨年の第531回以来。昨年はコロナ禍ですっかりご無沙汰してました。来てみると、飲食の売店はやってないのでワイン飲めないし(←緊急事態宣言下なので当たり前)、開演前の恒例の説明会も無いし(←当たり前)、すっかりつまらない開演前のホワイエになっちゃっていました。
 今回の演目は
 ・モーツァルト/ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
 ・ブルックナー/交響曲 第9番 ニ短調(コールス校訂版)
です。
大フィルでブルックナーの9番が聴けます!ということで今回久々に定演を観に来ました。ピアノ協奏曲のピアニストの方はこのコロナ禍でアンヌ・ケフェレックから北村朋幹に交代しています。指揮は尾高忠明です。
 まずは「モーツァルト/ピアノ協奏曲 第24番」。モーツァルトにしては珍しい短調の曲です。北村朋幹さん、初めて観ます、聴きます。甘いマスクのスラっとしたいでたちで黒いシャツとスーツでキメて、大フィルホームページの「楽屋口での入り待ち、出待ちはご遠慮願います。」の文言も分かります。そしてその雰囲気に違わない優しい演奏でした。ファン多いんでしょうね~~。ピアノソロのアンコールは「ベートーヴェン/6つのバガテル作品126より 第5番ト長調」でこちらも優しい感じの演奏で良かったです。なんか大フィルらしくないっちゃぁらしくない感じでしたね。
 そして休憩を挟んでの「ブルックナー/交響曲 第9番」。いやぁ、美しい演奏で、時々意識が遠のきましたね。隣の女性も時々舟こいでましたし。前から3列目といういい席だったので、ピアノの時は北村氏の運指まできれいに見えて良かったんですが、ブルックナーの9番を聴くには近すぎましたね。意識遠のいた時は崔 文洙の弓さばきで起こされてました。でも、これまで観た定演では一番満足しました。評価点は5点満点の4点。私が寝ないようにしないといけませんな。

京都国立近代美術館「令和2年度第4回コレクション展」を観て来た。

 京都国立近代美術館で「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観た後は「令和2年度第4回コレクション展」を観て来た。いつも阪神間の美術館のコレクション展しか観ていないので、京都の美術館のコレクション展はちょっと新鮮。知らないアーティストもいて、わくわくする。入ってすぐユトリロが3作飾ってあってちょっと嬉しかった。建物の絵で気に入ったのはモンドリアンが日本の街並みを描いたらこんなになるんじゃないかと思った、三輪晁勢《家》、絵葉書風の山岡良文《消費都市》、玉村方久斗《街景(公園より)》。「中村裕太 ツボ_ノ_ナカ_ハ_ナンダロナ?」のコーナーも面白かった。次の焼き物のコーナーでは、魯山人の作品はどれも見事で、他のヒトのでは清水卯一《蓬莱赤土彩魚文扁壺》が気に入った。工芸品のコーナーではサーカスの雰囲気の六代清水六兵衞《磁製煖爐前立》と細工の美しい信田洋《蒸発用湯沸瓶》は持って帰りたくなった。次のコーナーの十亀広太郎という画家は初めて知りました。《朝》と《冬日》が気に入りました。
 評価点は5点満点の4点。こちらのコレクション展もなかなかですな。

「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観て来た。

 京都市京セラ美術館の後は、お向かいの京都国立近代美術館で「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観て来ました。一昨年の日本オーストリア友好150周年でいくつもウイーンに関する美術展が開かれて、私も東京まで出向いて3展一気に見るっていうのをやりましたけど、そういうわけで「分離派」とか「セセッション」とか言われると反応しないわけにはいかない。築地の朝日新聞社屋が出てくるのは予想してました。旧豊多摩監獄が出て来た時、あれ?この前TV「ブラタモリ」で観た網走監獄と似てるなぁ、と思ったら、豊多摩が先に出来てたんですね。あとは山田守のパラボラにはすごく惹かれました。東京中央電信局も聖橋も美しい。まさしく「建築は芸術か?」ですな。この人が第2次大戦を経て、最後には京都タワーを設計するってんだから信じられません。やっぱ、建築は使うヒト、住むヒト、時代のニーズに応じて変わって行かざるを得ないのでしょうなぁ。あと、平和記念東京博覧会の展示を観ていたら、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展の万国博覧会の展示やオットー・ヴァーグナーのコーナーを思い出しました。やはり万博のようなイベントは建築も進化させるんでしょうか。2025年の大阪関西万博でも新しい様式の建築物が出てくることを楽しみにしています。
 評価点は5点満点の4点。ネットの学芸員の方々の動画も面白かったし、展示も盛り沢山で良かったです。しかし、分離派建築会設立宣言の朗読をずっと会場に響かせる必要があったんでしょうか?(展示するヒトの気合いは感じましたけど)

「荒木優光 わたしとゾンビ」を視聴してきた

 京都市京セラ美術館では新館「東山キューブ」で「平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019」を観た後、「ザ・トライアングル」というガラスの建屋(ルーブル美術館のガラスのピラミッドを意識してるのか?)で「荒木優光 わたしとゾンビ」を視聴してきた。荒木優光というアーティストは初めて知りました。音の体験やフィールドを起点に、独自の音場空間を構築しているのだそうだ。《SWEET MEMORIES Episode 1-60》を全部見たわけではないけど、あの部屋でずっと鑑賞し続けるには真昼の「ザ・トライアングル」は明るすぎるかなぁ。
 評価点は5点満点の3点。クリスチャン・ボルタンスキー《ミステリオス》ぐらいの作品が見たいな~~

「平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019」を観て来た。

 昨日は京都市京セラ美術館で「平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019」を観て来た。京都に来るのは3年ぶり。去年はコロナ禍で遠慮してたんだが、このままでは京都でやってる美術展がずっと観られなくなっちゃうわ、ということで、平日に年休を取ってやってきた。もちろん「京セラ」美術館になってからは初めての来館。ずっと来たかったのよね。この間は神戸で「具体」を観たとこだけど、今回はずっと時代は新しくなって平成。私が美術館とかよく行くようになったのも関西に出てきてだからずばりこの平成にピッタリ重なる。でも最初の展示「平成の壁」を見てみると知らないことばっかり。あと、GEISAIとか東京周辺の活動が中心で、京都でやってるくせに関西の展示に関する情報は少ない。「関西平成美術」とか別途やってほしいくらい。
 今回の展示で一番期待していたのは國府理《「水中エンジン」redux》。2013年に西宮市大谷記念美術館で「國府理 未来のいえ」を見て以来のファンで、その後事故で急逝されたのが本当に残念。あとはChim↑Pom《ビルバーガー》かな。平成って言ってもわりと最近の作品が見たかったりする。Complesso Plasticoまでさかのぼると、ぁぁ、昔そんなのあったな~って感じ。出色だったのはクシノテラスのコーナーかな。稲村米治《昆虫千手観音像》やガタロ《雑巾の譜》、ストレンジナイト《無題(創作仮面館)》、上林比東三《未知の生物》が良かった。
 評価点は5点満点の3点。平成の30年間ってこんな薄っぺらじゃないだろ? ぁ、長袖Tシャツはちょっと欲しかったかも。

ミュージカル『パレード』を観て来た

 昨日は心斎橋パルコの後、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでミュージカル『パレード』の17:00の回を観て来た。2017年には森 新太郎の手で日本初演されたミュージカルの再演。またもや安全策をとって再演を今年の1本目に選びました。本作は1999年米演劇界最高峰のトニー賞で最優秀楽曲賞・最優秀脚本賞の2部門を受賞しただけあって、楽曲が素晴らしかったのですが、曲によっては、日本語の歌詞が上手く乗っかっていないような感じもしたけど、実力派の俳優陣が歌唱力で押し切ったって感じ。今回も渦中の人ドイツ系ユダヤ人工場長のレオ・フランクを石丸幹二、妻ルシールを堀内敬子が演じている。本作はこの夫婦の物語なので、この配役は完璧。堀内敬子には「コンフィダント・絆」の頃から着目してたけど、ルシール役は歌も演技も素晴らしかった。刑務所内でのピクニックのシーンでは、この後が分かっていてもここで幕が下りたらいいのに、と思いながら観ていました(膝枕の姿勢で唄うってのは難しそうだな)。岡本健一の州知事も武田真治の新聞記者も石川禅の州検事も良かったです。ちょっとトム・ワトソン(今井清隆)は貫禄があり過ぎて目立ちすぎな気がしましたな。しかし、お芝居とは分かっていてもストーリーはあんまり観ていて心地いいものではない。これが実話をもとにしているだけになおさらだ。次はトランプ政権下で分断が進んだアメリカ社会を取り上げた芝居がブロードウエイで出てくるのかしら。
 評価点は5点満点の5点で。久しぶりのミュージカル鑑賞で点が甘くなってるかも。

「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観て来た

9E41C896-D282-4228-A4DE-395C3B361F16.jpeg1176FB3D-7C76-41BB-A57B-30ECE37BAFC1.jpeg1C432F20-D87F-442F-9CA2-AF4A5B6C3FE1.jpeg213FE15A-7582-45C6-B32A-FE981F7592D8.jpeg5A094EC1-2F2F-462C-8D69-1BE19D66F1F4.jpeg58A15393-B9D3-4C28-9854-6772E3D19452.jpeg0D279C61-79A3-44EF-B60A-0F3F2766D0F5.jpeg 昨日は新しい心斎橋パルコへ「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観に行って来た。この建物の14階のホールに来るのは2006年に映画「トランスアメリカ」の試写会に来て以来15年ぶり! そのときのホールの名前は「そごう劇場」だったのに、その後は大丸北館を経て今じゃ新しいパルコだもんね~。時代の流れを感じるわ。その時出られた屋上は閉鎖されてました。12階は映画館みたいだし、かつての心斎橋パルコなら上階はクラブクアトロ心斎橋があったんだけど、この14階ではライブやんないかしら。
 さて、この新しい心斎橋パルコ、下からエスカレーターで順々に上がっていくと、12階にある滝の広場という大きな吹き抜けに空山基氏の立体展示「Sexy Robot_infiniti floating」という、高さ7mの「Sexy Robot」がお出迎え~~!これはなかなか圧巻の眺め。これ見られただけでも良かったです。名鉄のナナちゃんとは違いますな。(大きさは似たようなもんか)
 空山基とH.R.ギーガーの2人展とはよく思いついたもので、ぁ~、こんなにマッチするんだぁ、と見に来てあらためて確認した次第。子供の頃、雑誌「Starlog」の日本語版で、ずっとギーガーのデザインをながめながら、同じころ漫画「コブラ」のアーマロイド・レディにあてられっぱなしだった自分としてはこの2人展、見逃すわけにはいかない。しかし、展示スペースが狭い。渋谷は白基調の展示だったのに、こちらは黒基調。ギーガーの展示にはマッチして展示スペース狭さはごまかせるかもしれないけど。さらに隣の映像ブースは16人で満室で、90分2本立てなのに、10分強で部屋から追い出される。コロナ禍とはいえ、なんだかなぁ、って感じ。だから評価点は5点満点の3点。空山基とH.R.ギーガーのファンじゃなければ2点だな。A4E16312-04AC-42AD-9D2D-CCFF2602A9D8.jpeg

映画「南山の部長たち」を観てきた

 今日はついたちということで、梅田ブルク7で映画「南山の部長たち」を観てきた。別れたカミさんがイ・ビョンホンのファンだったこともあり、ワタシもすっかりイ・ビョンホンの映画を観るようになった。久々にヒリヒリするようなサスペンスもの。ノンフィクションの実録ものを原作に作っているだけあって現実味も半端ない。ワシントン・パリとソウルを結んで展開するのはまずは「裏切り者」のKCIA元部長の命のやり取り。それが最終的には現部長による大統領殺害に繋がっていく。そこまでのリアリティがイ・ビョンホンの深い演技に表れていて、シブい。大統領が「私は君と共にある。君の好きにするがいい。」って発する度に高まる不快感がなんとも言えず良かったです。途中から全斗煥が出て来て、どうやって大統領になるのかと思ったら、そんなコスいやり方だったのかよ〜って笑ってしまった。
 評価点は5点満点の5点。イ・ビョンホンの代表作間違いなし。