ミュージカル『パレード』を観て来た

 昨日は心斎橋パルコの後、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティでミュージカル『パレード』の17:00の回を観て来た。2017年には森 新太郎の手で日本初演されたミュージカルの再演。またもや安全策をとって再演を今年の1本目に選びました。本作は1999年米演劇界最高峰のトニー賞で最優秀楽曲賞・最優秀脚本賞の2部門を受賞しただけあって、楽曲が素晴らしかったのですが、曲によっては、日本語の歌詞が上手く乗っかっていないような感じもしたけど、実力派の俳優陣が歌唱力で押し切ったって感じ。今回も渦中の人ドイツ系ユダヤ人工場長のレオ・フランクを石丸幹二、妻ルシールを堀内敬子が演じている。本作はこの夫婦の物語なので、この配役は完璧。堀内敬子には「コンフィダント・絆」の頃から着目してたけど、ルシール役は歌も演技も素晴らしかった。刑務所内でのピクニックのシーンでは、この後が分かっていてもここで幕が下りたらいいのに、と思いながら観ていました(膝枕の姿勢で唄うってのは難しそうだな)。岡本健一の州知事も武田真治の新聞記者も石川禅の州検事も良かったです。ちょっとトム・ワトソン(今井清隆)は貫禄があり過ぎて目立ちすぎな気がしましたな。しかし、お芝居とは分かっていてもストーリーはあんまり観ていて心地いいものではない。これが実話をもとにしているだけになおさらだ。次はトランプ政権下で分断が進んだアメリカ社会を取り上げた芝居がブロードウエイで出てくるのかしら。
 評価点は5点満点の5点で。久しぶりのミュージカル鑑賞で点が甘くなってるかも。

「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観て来た

9E41C896-D282-4228-A4DE-395C3B361F16.jpeg1176FB3D-7C76-41BB-A57B-30ECE37BAFC1.jpeg1C432F20-D87F-442F-9CA2-AF4A5B6C3FE1.jpeg213FE15A-7582-45C6-B32A-FE981F7592D8.jpeg5A094EC1-2F2F-462C-8D69-1BE19D66F1F4.jpeg58A15393-B9D3-4C28-9854-6772E3D19452.jpeg0D279C61-79A3-44EF-B60A-0F3F2766D0F5.jpeg 昨日は新しい心斎橋パルコへ「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観に行って来た。この建物の14階のホールに来るのは2006年に映画「トランスアメリカ」の試写会に来て以来15年ぶり! そのときのホールの名前は「そごう劇場」だったのに、その後は大丸北館を経て今じゃ新しいパルコだもんね~。時代の流れを感じるわ。その時出られた屋上は閉鎖されてました。12階は映画館みたいだし、かつての心斎橋パルコなら上階はクラブクアトロ心斎橋があったんだけど、この14階ではライブやんないかしら。
 さて、この新しい心斎橋パルコ、下からエスカレーターで順々に上がっていくと、12階にある滝の広場という大きな吹き抜けに空山基氏の立体展示「Sexy Robot_infiniti floating」という、高さ7mの「Sexy Robot」がお出迎え~~!これはなかなか圧巻の眺め。これ見られただけでも良かったです。名鉄のナナちゃんとは違いますな。(大きさは似たようなもんか)
 空山基とH.R.ギーガーの2人展とはよく思いついたもので、ぁ~、こんなにマッチするんだぁ、と見に来てあらためて確認した次第。子供の頃、雑誌「Starlog」の日本語版で、ずっとギーガーのデザインをながめながら、同じころ漫画「コブラ」のアーマロイド・レディにあてられっぱなしだった自分としてはこの2人展、見逃すわけにはいかない。しかし、展示スペースが狭い。渋谷は白基調の展示だったのに、こちらは黒基調。ギーガーの展示にはマッチして展示スペース狭さはごまかせるかもしれないけど。さらに隣の映像ブースは16人で満室で、90分2本立てなのに、10分強で部屋から追い出される。コロナ禍とはいえ、なんだかなぁ、って感じ。だから評価点は5点満点の3点。空山基とH.R.ギーガーのファンじゃなければ2点だな。A4E16312-04AC-42AD-9D2D-CCFF2602A9D8.jpeg