テーマ:美術展

2021年コレクション展Ⅰ 特集「同級生・同窓生」を観て来た

 せっかくBBプラザ美術館まで来たし、第2日曜日はコレクション展が無料なので兵庫県立美術館にも行って2021年コレクション展Ⅰ 特集「同級生・同窓生」を観て来た。同館の2枚看板小磯良平・金山平三が東京美術学校の首席卒業どうしなんだよ、というプロローグ(もちろん2階の両名の専用展示室にも作品出てます)からスタート。展示室1でもこの2名の作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「西洋画コレクション 印象派からエコール・ド・パリの作家たち」を観て来た

 今日はBBプラザ美術館へ「西洋画コレクション 印象派からエコール・ド・パリの作家たち」を観に行って来た。BBプラザ美術館へ行くのは3年前の9月に「コレクションを核に 関西ゆかりのデモクラートの作家たち  泉茂・山中嘉一・吉田利次・吉原英雄」を観に行って以来。2年半ぶり。「具体」も好きだけど、19世紀後半から20世紀前半の絵画はやっぱり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都国立近代美術館「令和2年度第4回コレクション展」を観て来た。

 京都国立近代美術館で「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観た後は「令和2年度第4回コレクション展」を観て来た。いつも阪神間の美術館のコレクション展しか観ていないので、京都の美術館のコレクション展はちょっと新鮮。知らないアーティストもいて、わくわくする。入ってすぐユトリロが3作飾ってあってちょっと嬉しかった。建物の絵で気に入ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観て来た。

 京都市京セラ美術館の後は、お向かいの京都国立近代美術館で「分離派建築会100年 建築は芸術か?」を観て来ました。一昨年の日本オーストリア友好150周年でいくつもウイーンに関する美術展が開かれて、私も東京まで出向いて3展一気に見るっていうのをやりましたけど、そういうわけで「分離派」とか「セセッション」とか言われると反応しないわけにはいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「荒木優光 わたしとゾンビ」を視聴してきた

 京都市京セラ美術館では新館「東山キューブ」で「平成美術:うたかたと瓦礫 1989–2019」を観た後、「ザ・トライアングル」というガラスの建屋(ルーブル美術館のガラスのピラミッドを意識してるのか?)で「荒木優光 わたしとゾンビ」を視聴してきた。荒木優光というアーティストは初めて知りました。音の体験やフィールドを起点に、独自の音場空間を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019」を観て来た。

 昨日は京都市京セラ美術館で「平成美術:うたかたと瓦礫デブリ 1989–2019」を観て来た。京都に来るのは3年ぶり。去年はコロナ禍で遠慮してたんだが、このままでは京都でやってる美術展がずっと観られなくなっちゃうわ、ということで、平日に年休を取ってやってきた。もちろん「京セラ」美術館になってからは初めての来館。ずっと来たかったのよね。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観て来た

 昨日は新しい心斎橋パルコへ「H.R.GIGER×SORAYAMA」展を観に行って来た。この建物の14階のホールに来るのは2006年に映画「トランスアメリカ」の試写会に来て以来15年ぶり! そのときのホールの名前は「そごう劇場」だったのに、その後は大丸北館を経て今じゃ新しいパルコだもんね~。時代の流れを感じるわ。その時出られた屋上は閉鎖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」を観て来た

今日は兵庫県立美術館で特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」を観て来た。昨年10月の芦屋市立美術博物館の「芦屋の時間 大コレクション展」以来の「具体」見物。一昨年の山村コレクション展も観てるから、結構過去に観た作品も多い。田中敦子《ベル》なんか、会場入った途端、あ~、また鳴ってる~って感じだもん。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三沢厚彦 ANIMALS IN ABENO HARUKAS」を観て来た

 今日は一都三県に緊急事態宣言が出された後、京阪神の二府一県でも宣言の発出を政府に要請したという週末に、ずっとコロナ禍が下火になるのを待ってたら燃え盛る一方で、このままでは会期が終わってしまうわ~~、ということであべのハルカス美術館へ「三沢厚彦 ANIMALS IN ABENO HARUKAS」を観に行って来た。なんとあべのハルカス美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年の振り返りをやりまする。

 今年2020年(令和2年)は新型コロナウイルス(COVID-19)のおかげでとんでもないことになってしまいました。特に3月から緊急事態宣言の明ける5月終盤まではほとんどのイベントが延期か中止になりましたし、映画も旧作の再映ばかりになってしまいましたものね。そんな中でも果敢に映画鑑賞に観劇にライブに行ってきた記録を残すため、恒例の「ふり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレクション2「米・仏・独・英の現代美術を中心に」を観て来た。

 ロンドン・ナショナル・ギャラリー展に続いて、国立国際美術館の所蔵品展コレクション2「米・仏・独・英の現代美術を中心に」を観て来た。  アメリカからは、マーク・トビー《Night》、モーリス・ルイス《Num》、アド・ラインハート《版画集「10のスクリーン・プリント」》、ドナルド・ジャド《無題》、リチャード・セラ《My Curves a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展を観て来た

 今日は、連日COVID19の感染者数が増大し、「我慢の3連休」と言われている中なれど、事前にこの日で予約しちゃってたものはしょうがない(「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」の時も同じ言い訳してた気がする)、ということで、「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」以来、9か月ぶりの国立国際美術館に行ってロンドン・ナショナル・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「芦屋の時間 大コレクション展」を観て来た

今日は芦屋市立美術博物館で「芦屋の時間 大コレクション展」を観て来た。芦屋市政施行80周年を記念した大規模な所蔵品展だ。作品紹介のリーフレットもリーフレットというより冊子だ。展示作品も多い上に、通常は作品横にタイトルと一緒に掲示するキャプションが印刷されて配布されているためだ。いいね、この試み。館側は費用かかるんだろうけど。展示数も前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひろがる美術館ヒストリーを観て来た。

 今日は西宮市大谷記念美術館の<展覧会とコレクション>2 ひろがる美術館ヒストリーを観て来た。同館の収蔵品から1997年以降に企画・開催した現代美術作家の個展に焦点を当てた展示を行っている。なので、私が観に行った個展の作家の作品展示もあり、なんとなく懐かしくみることができた。出品作家は以下の16名(植松奎二・藤本由紀夫・松谷武判・渡辺信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「動く!美術 ―動きはどう表現されてきたか―」を観て来た

 毎月第2日曜日は兵庫県立美術館の常設展が無料になるので、猛暑の中、避暑に行くことにした。美術館は涼しいからね~。  表題の「動く!美術―動きはどう表現されてきたか―」は常設展示室1~3の展示。  第1章 命の鼓動 ―動く人・動く動物― では労働や舞踊などヒトの動きをテーマにした展示。中西勝《日本アクロバット》、斎藤真成《漁夫》、金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」を観て来た

 今日は兵庫県立美術館で「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」を観て来た。美術展に行くのは4月の西宮大谷記念美術館での「メスキータ展」以来。県美に行くのは2月のゴッホ展以来だ。本展は鑑賞日時を予約制にしている。同時期にここで開催予定だったテオ・ヤンセン展は中止されている。美術館もなかなかフラっと観たいときに観るってわけにいかない世の中にち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メスキータ展を観て来た。

 今日は西宮市大谷記念美術館でメスキータ展を観て来た。伊丹も芦屋もまだ美術館休んでるし、神戸市立博物館は始まったけど常設展だけで「コートールド美術館展」はまだ始まらないみたいだし、夙川で花見してると宴会自粛を促すパトロールのヒトは来るし、しょうがない、バイクかっとばすか~、と思ったらR43には交通課の方々が張ってるし、なんとすごしにくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」を観て来た。

 今日は昨年リニューアルオープンして以降、初めて神戸市立博物館に行ってきた。観て来たのは特別展「建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―」。先月「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」を観たので(←COVID19の影響で開催期間途中なのに先月で終わってしまった)、建築つながりでこっちも観ておこうかと思ったのだ。この特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ展(兵庫展)に行って来た。

 昨日、兵庫県立美術館へゴッホ展を観に行ってきた。ツイッター(ゴッホ展兵庫館内情報 @2020goghjoho)で混み具合まで案内してくれていたのに、どうやらこの三連休で一番混んでる時間帯に行ったらしく、チケット購入と入館の行列両方並んだら美術館に着いて絵を見るまでに1時間近くかかってしまった。神戸でこんなに並んだのは神戸市立博物館で「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コレクション―現代日本の美意識」を観て来た。

 「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」を見た後、引き続き国立国際美術館の「コレクション―現代日本の美意識」を観て来た。なんと、音声ガイドが500円で両方の展覧会の分が聴けるようになっているのだ。考えたな~。  本展は「日本人と自然」を総合テーマとする、「日本博」の関連企画として開催され、戦後独自の展開を見せた日本の現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」を観て来た

 今日はこの冬一番の寒空の下、国立国際美術館へ「インポッシブル・アーキテクチャー ―建築家たちの夢」を観に行ってきた。20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称して資料や模型を展示している、というもの。ワタシの一番の目的はやっぱ、ザハ・ハディドの新国立競技場。模型や資料を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「in number, new world / 四海の数」を観て来た

 今日は準地元の芦屋市立美術博物館へ「in number, new world / 四海の数」を観に行って来ました。先週の山下摩起で味をしめて、今回も学芸員によるギャラリートークの時間に合わせて行って来ました。西宮市大谷記念美術館の学芸員も45分の予定を80分と頑張ってましたが、今日の学芸員も60分の予定で75分と頑張ってくれました。な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生誕130年記念 山下摩起をめぐる画家たち」を観て来た

 令和2年最初の美術展鑑賞は地元の西宮市大谷記念美術館からスタート。「生誕130年記念 山下摩起をめぐる画家たち」を観て来た。山下摩起って画家は全然知らないのよね。1890年に有馬温泉の旅館「下大坊(上大坊なら知ってるが)」で生まれ、西宮に住まい1973年に83歳で亡くなったそう。  本展は今年生誕130年を記念して西宮市大谷記念美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラウル・デュフィ展を観て来た

 今回の東京遠征の最後は パナソニック汐留美術館で「ラウル・デュフィ展」を観て来た。パナソニック汐留美術館に来るのは初めて。思ったより小さい。大きさは岩屋のBBプラザ美術館ぐらいじゃないかしら。でも、130点ほど展示されているから展示物が少ないことはない。狭いエリアに展示物をぎゅっと引っ付けて展示しているから巡回しやすいけど混んでたら何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」を観て来た。

 塩田千春を観た後は、同じ券で観られる「細野観光」を満喫し、もう一度六本木ヒルズの外に出て、今度は30分待ちの表示がでている「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」の列に並んで森アーツセンターギャラリーへ行って見て来た。隣のフロアなのに面倒くさいことよ。ま、こっちも塩田千春ほどではないけど、十分に混んでたからね~。  本展はバスキア研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「塩田千春展:魂がふるえる」を観て来た

 会期もあと1日で終了という昨日(10/26)に森美術館で「塩田千春展:魂がふるえる」を観て来た。人気の展覧会ということで、あさイチから事前にチケット買って並んだよ。塩田千春っていうと、ドロドロに埋まってるか、糸ぐちゃぐちゃなイメージしかなくて、面白いとは思うけど、大規模個展で会期中ずっと大人気のアーティストだとは思っていなかったよ。イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「富野由悠季の世界」神戸展を観て来た。

 今日は兵庫県立美術館で「富野由悠季の世界」を観て来た。全国6か所の巡回展なのに東京・名古屋・大阪ではやらないという珍しいイベント。第1部は子供の頃の自由研究や大学の時のフォトコラージュや自分で撮った8ミリ映画やらよくもまぁ、そんなに自分の資料が残ってんなぁ、と感心するほどの展示物からスタート。第1部の立体の展示物で目を惹いたのは実物大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山村コレクション展を観て来た。

今日は兵庫県立美術館へ「集めた!日本の前衛-山村德太郎の眼 山村コレクション展」を観に行ってきた。企画展示室と隣のギャラリー棟3階も使っての展示。となると展示点数が多いのかというと、全部で138点と普通。実は山村コレクションは大作が多いのだ。いつも芦屋市立美術博物館や大阪へ「具体美術協会」の作品を観に行っているワタシとしては、山村コレク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」を観て来た。

 今日は伊丹市立美術館と伊丹市立工芸センターにまたがって開催中のフィンランドのアーティスト、ルート・ブリュックの死後20年記念の回顧展を観に行ってきた。フィンランド関連の展示を観に行くのは3年前の秋に西宮市大谷記念美術館で「マリメッコ展」を観て以来ですな。回顧展というだけあって、初期から晩年までの彼女の作品が一通り、なんと200点以上(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒグチユウコ展 CIRCUS を観て来た

 今日は、神戸ゆかりの美術館で ヒグチユウコ展 CIRCUS を観て来ました。六甲アイランドのこのホテルプラザ神戸に入っているビルへ行ったのはむっちゃ久しぶり。なんとこのブログで確認すると、2009年、まだMOVIX六甲がある頃に映画「パブリック・エネミーズ」を観て以来らしい。10年振りとはね。ホント、来なくなったよ、六甲アイランド。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more