越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 安室奈美恵「BEST FICTION TOUR 2008-2009」を観に行ってきた。

<<   作成日時 : 2009/02/28 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 昨夜、大阪城ホールへ2年半ぶり(この時は「LIVE Style 2006」)に安室奈美恵のライブを観に行ってきた。前回のツアーも見に行きたかったのだが、チケットが取れなかった。ここ数年、年々取りにくくなっているよな、アムロのライブも。
 なんと明日から3月だっていうのに、今年最初に観に行ったコンサートがコレ。昨日、ミスチルの先行予約も抽選に外れたし、ホント人気のあるアーティストのライブはファンクラブに入るしかチケット入手する道がないのかしらん。
 「LIVE Style 2006」の時は1曲目はジャネット・ジャクソンのようなステージだったけど、今回の1曲目は女王様の椅子に座っての「Do Me More」。いきなり会場は黄色い声に支配されて、ファンのハートを鷲掴み状態。このままこのイメージで突っ走るのか?、と思っていたら「NEW LOOK」で、ステージ右手の小部屋のカーテンが開いて下のリンク先の《NAMIE AMURO BEST FICTION TOUR ハイヒール指輪入れ(http://bl.e-fanclub.com/amuro/webshop/#NA17-11-00)》のセットが現れ、その踵のところにアムロが座っていた! 衣装も雰囲気もガラっと変わって可愛らしいこと!
 この後、またダンサブルなナンバーが続いて、今度は「Wishing On The Same Star」の時にステージ左手の小部屋のカーテンが開いて、時計に付いてそうな顔つきの三日月に腰掛けて、頬を赤くしてちょっと照れくさそうに可愛らしく微笑みながら唄うアムロが登場!
 このメリハリの付け方が絶妙! 雰囲気を変えて出直す度に女子のハートをガッチリ掴み直して、MCは終末のバンド紹介まで1回も入れることなく、28曲を唄って踊りまくったアムロ! すげぇ。 中央にせり出した花道でダンサーを従えて踊る様は、花道正面からの見栄えを考えてプログラムされているので、スタンドで上から見ていても、もう1つピンと来ない。しかしステージ両脇の画面で、花道正面から捉えた映像が映されるのを観ていると、カッコイイことこの上なし。ぁ〜あ、花道の正面からアリーナで見たいなぁ、とつくづく思った次第。そうやってハードなナンバーを続けた後にハイヒールの上や月の上、ギフトボックスの上、ミラーボールタワーの上で可愛らしく客席に微笑みかけながら唄いかけられると、もうタマんねぇ、って感じ。反則だよ、あんなの。
 昨年夏、なんばHatchで「DOUBLE BEST LIVE“WE R&B”」を観たワタシとしては、「BLACK DIAMOND」も楽しみの1つ。このDOUBLEのツアー、東京じゃ「BLACK DIAMOND」の時にアムロが出たらしいや。ま、大阪じゃここで貴子姉さんが出てくるワケはなく、アムロがピンで演ってる「スーパー・シスターズ」。いっぺんナマで二人の競演が見たいよぉ。
 前回観たヤツより、照明やセットは格段に良くなった。もうブリトニーは超えたね。今回は昔からのファンへのサービス「小室ナンバー」が1曲も無かった。「小室ナンバー」が無くても「Say the word」とか会場のみんなで唄えてたしね、ファン層も若い子が増えてきているみたいだし、もうHip-Hopの女王としては「小室ナンバー」が無くても大丈夫なんだろうな。ワタシはアムロがVERBALと組むようになってからファンになったから、今のスタイルで全く問題無しだけど、カミさんは「Chase the Chance」とか唄いたさそうだったよ。
 ワタシはアルバムとか買ってないので、ライブに来て知る曲の方が多いのだけど、最近和風(沖縄風?アジア風?)の味付けの曲が増えてるのかしら? 気のせい?
 次回のツアーも大いに期待してます。>安室奈美恵サン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
歌姫の力を見せつけた 安室奈美恵が 2時間20分ノンストップライブ
...続きを見る
NEWSな毎日・・・
2009/03/09 13:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安室奈美恵「BEST FICTION TOUR 2008-2009」を観に行ってきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる