越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「王になった男」と特別展「中国 王朝の至宝」を観てきた。

<<   作成日時 : 2013/02/25 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は今年初めて年休取って、109シネマズHAT神戸で映画「王になった男」、神戸市立博物館で特別展「中国 王朝の至宝」を観てきた。年休取った理由は、休館日の神戸市立博物館でのプレミアム招待に当選したから。
 午前中の回で、カミさんが愛してやまないイ・ビョンホン主演の映画「王になった男」を観て、午後から神戸市立博物館に行く計画。ただ招待時間の関係で、いつもの西宮ガーデンズでは間に合わないので、今回映画館は初めてのHAT神戸(昔カーズの試写会で1回だけ来たことあるけど)。それも寒い中バイク移動。天気が良かったのだけが幸い。
 イ・ビョンホンのグッズならなんでも欲しがるカミさんのために前売券も買ってきておいて、109シネマズHAT神戸に来てみたらびっくり、チケットカウンターが結構混んでる!他の映画館は自動発券機の設置が進んでいるのに、ここはヒトがサービスしてるってところも驚いた。混んでる理由はカウンターまで来て分かった。なんと109シネマズHAT神戸は、午前中1回目の上映は平日\1,200なのだ! だから混んでるのね。前売券(\1,300)より安いんでやんの。でももう買っちゃってるしね、前売券で入りました。

 映画「王になった男」ですが、よくある設定。王様が薬をもられて伏せっている間、陰謀を図った側に弱みを見せないために替え玉を立てて、へへーん、王様は無事ですよ、とみせかけて日々をつないでいると、替え玉が王様らしく(良い王様)なってきて、でも前の王様(暴君という設定)と振舞いが違うこともあって周囲が替え玉に気付いて...というヤツです。でも、カミさんはイ・ビョンホンが出ていれば、王様でも「G.I.ジョー」の悪者でもなんでもOK、ってヒトだし、ワタシも韓国映画が性に合う(といっても、韓国映画を映画館でみるのは「青い塩」以来)のか、結構楽しく観られるヒトなので、面白く観させてもらいました。イ・ビョンホンはやはりこういう役柄はよく合います。前の映画「アイリス THE LAST」では結構失望したけど、これは彼の魅力が良く出てます。「甘い人生」ぐらい良かったかな。韓流ドラマ見まくっているヒトには珍しくもない宮廷ドラマですが、ま、凡作ってことはないと思います。評価点は5点満点の3点。
 カミさんは「G.I.ジョー」の次回作も観るつもりみたいですが、さすがにワタシはブルース・ウィリスも先のダイハードの5作目で観たばかりだし、やめときます。

 さて、昼飯はアイダホバーガー(結構ボリュームあります、ドリンクSポテトSセットで十分ですわ)セットをちゃっちゃと食べまして、三宮中央通り駐車場へ。HAT神戸からなら10分くらいで着きまする。バイクなら終日\400だし。そこから神戸市立博物館へは徒歩4,5分。NHKのプレミアム招待すごいです。音声ガイドが無料で付いてます。結構招待券でも音声ガイドは\500取るケースが多いのにね。音声ガイドは一般とNHKアニメ「キングダム」の主人公、信と貂の声で解説してくれるヤツの2種類あります。毎週「キングダム」を観ているワタシはもちろん、後者の方。でも「キングダム」はちょうど今日が最終回。王騎が死ぬとこで終わっちゃうなんて。秦趙同盟から後の話も早くアニメ化してくださいね>NHK様。
 中国の古代の文物の展示は今回初めて観ました。カミさんがエジプト好きなので、古代エジプト展の類は結構行ってるんですけどね。金ぴかのエジプト展の類と比べて、兵馬俑などの人物俑や磁器や祭器など土でできたものや青銅器が多いので昔の着色がはげ落ちたり、青銅は往時の輝きは失われているので、どうしても地味です。その中では、やはり金ぴかで120pの高さを誇る「阿育王塔」は目立ってました。四方をお釈迦様の教えを説いた細かい調金細工が施されていて、じっくり見てたらこれだけで3,40分くらいかかりそうです。
 ワタシが一番気に行ったのは動物をかたどった青銅製の容器「犠尊」。可愛かったです。中国最古の王朝「夏」から、中国で最も文化的に栄えたとされる「宋」まで、「蜀/夏・殷」「楚/斉・魯」「秦/漢」「北朝/南朝」「長安/洛陽」「遼/宋」ってな感じで分類して展示されていて、観ているヒトに分かりやすいようにと工夫されています。
 とはいえ、もっと近代の文物の展示の方がお客が呼べそうな気がしますけどね。

 はからずも今日は、いま日本と関係がビミョーな韓国・中国に関する文化にまとめて触れた一日でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「王になった男」と特別展「中国 王朝の至宝」を観てきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる