越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 立川談春 新春独演会に行ってきた。

<<   作成日時 : 2016/01/23 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今、アニメ「昭和元禄落語心中」を毎週観ているんだけど、実際の高座も見てみるかってんで、昨日、"縁起のいい"森ノ宮ピロティホールへ立川談春 新春独演会に行ってきた。
 落語は去年の「志の輔らくご in 森ノ宮 2015」以来。談春は2012年の独演会以来。いずれも会場はピロティ。去年の年末にフェスティバルホールで談春が「芝浜」を演るってイベントがあって、結構魅かれたんだけど、ん〜、フェスティバルで落語?っていう「?」が取れなくて、チケット買わなかった。さだまさしが手を回したみたいね。フェスティバルで談春ってヤツ。さだまさしと仲がいいのね、談春、先日、徹子の部屋の収録をしたってんで、残すは「さんまのまんま」かな?って豪語してたもんね。関テレから言ってこなくても、談春から企画持ち込むって言ってた。さだまさしと談春の2名で赴いて、さんまと3人のトークをやるんだとか。ほとんどオレしゃべらなくていいもんね、って談春は言ってたけど。いや、なんでこんな書き出しかというと、座布団に座るなり、「フェスティバルではありがとうございました。」みたいな挨拶かますもんだから、なんかカチンと来ちゃったのよね。その後、徹子の部屋の収録のハナシが始まるんだけど、黒柳徹子が昨年末の「赤めだか」のTVドラマと下町ロケットの「殿村」の記憶と、過去に1回だけ徹子の部屋に出た談志の弟子って知識だけで番組を展開するもんだから、収録の半分は死してなお弟子に宣伝を強要する談志のハナシと、TVドラマが実話だと思ってハナシを続ける黒柳徹子に手を焼いたハナシ、ブログをやってるみなさんは皆ここで写真撮るんですよって記念撮影をさんざん進めるハナシ(談春はSNSはやってないらしい)などが冒頭に展開された。談春の1幕目の衣装が徹子の部屋でも着ていったという若草色の上品な着物。2012年のピロティでも着てたヤツ。黒柳徹子には「まぁ、お茶のいろとおんなじ〜」ってまさかのお茶かぶりで閉口したらしいが。
 さて、演目は落語に殿様が出る演目は少ないみたいな話をしながら赤井御門守絡みの2作「粗忽の使者」 「妾馬」を出してきた。ワタシは落語の殿様というと最初に思い浮かぶのは「目黒の秋刀魚」なんだけど。「粗忽の使者」では粗忽者の武士、地武太治部右衛門が赤井御門守の屋敷へ使いに行くんじゃなくて、赤井御門守の家来として他家へ使いに出される設定になってた。おや、っと思ってたら、休憩後の「妾馬」の大工の八五郎が士族に取り立てられた後の名前が地武太治部右衛門、というオチになってた。ま、上手くまとめたんじゃないかしら。「粗忽の使者」はよく笑えたけど、 「妾馬」はもひとつな感じがした。 「妾馬」のマクラに先日亡くなった3代目春団治の話を持ってきたのだけれど、春団治の話は新幹線で偶然会って挨拶したところから始まって、 ここで2007年に鶴瓶の口利きで繁昌亭で談春が東京の落語家で初めて独演会をやったハナシになって、その時に「問題」があって、上方で総スカンを食らう破目になったすぐ後に、同じ繁昌亭で春団治芸歴60周年の公演があって、そこに客演で談春が呼ばれた際に、楽屋で「私が談志の弟子の談春です!」って春団治の前で偉そうに挨拶をしたとかで、談春退室後に、「あのヒトはそんなに偉い人なんですか?」と春団治が言ったというウワサ(談春はその日楽屋で米つきバッタのように平身低頭していたそうで、そんな事実はないとのことだが)を披露。とにかくそれ以降、東京の落語家が繁昌亭で独演会ができないのは、談春の一件のせいらしい。談春自体は、6代目文枝にも鶴瓶にもざこばや南光や米團治やらのキーマンにはもう許してもらっている、といっていたけれど。最後に春団治の十八番「代書屋」の墨を摺る所作をまねてみせ、説明無しで始めたものだから「落語詳しくないヒトにはすいませんね」とかいいながら、「こんなのはいくら稽古しても出来っこないんです。」と春団治の所作の美しさを褒めたたえていた。そこから黒紋付きで 「妾馬」を始めたもんだから、ノリが悪くなったんだろうか?
 小説「赤めだか」の反響は大きいみたいで、先日は本を読んで会いたいとのご指名でB'zの稲葉浩志とYouTubeで対談出来たんだそうな。今年は昨年ほど忙しくなくて落語ができそうだ、っとか言ってたけど、本の勢いがあるうちに「徹子の部屋」に続き、「さんまのまんま」出演と繁昌亭での独演会のリベンジを狙っていそうな、2016年の談春さんですな。ちなみに今年のフェスティバルホールでの「芝浜」は12月28日だそうです。評価点は5点満点の3点で。前回の方が良かったよ。「殿村」より『ルーズヴェルト・ゲーム』の「坂東」の方が良かったしな。

立川談春 × 稲葉浩志 / 落語対談
https://youtu.be/iII1mPrFhV4

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
立川談春 新春独演会に行ってきた。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる