越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」に行って来た。

<<   作成日時 : 2018/03/03 00:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は大阪市立東洋陶磁美術館で開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」を観に行って来た。
画像

ポスターにもなってるこの胡人俑に惹かれてこの特別展に来たんだけど、ポスターにはイロが着いてたみたいね。実物のヒョウ柄パンツはポスターほどカラフルではなかったわ。あと気になってたのは踊っているようなポーズだけど、これは馬かラクダの手綱を引く仕草だったのね、ほかの男の胡人俑も大体がこのポーズ。どうも男の力強さを示すにはこのポーズが一番ポピュラーだったみたいね。
兵馬俑は何度か見たことあったけど、胡人俑というのは初めて。唐人から見た西方の異人のことを胡人というらしいや。彫りの深い、髭の立派な顔立ちが特徴的で楽しめたよ。
この美術館に来るのは初めてで、中之島の結構いいところには立地してて、窓からの眺めもきれい。同時開催の「いまを表現する人間像」も良かった。また棚田康治の彫像も見られてよかったよ。しかし、東洋陶磁美術館なのに陶磁器はどこにあるんだ?っと一瞬思ったけど、常設展や安宅コレクションも見られてこちらも堪能できました。
画像

もう漫画のへうげものも終わってしばらく経つけど、常設展示から織部を1つ。
評価点は5点満点の3点。音声ガイドが600円もする割には各展示の説明パネルを読み上げてるに近い内容でつまらなかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」に行って来た。 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる