アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
越海青
ブログ紹介
夫婦喧嘩した結果、自らの言行を忘れないため、自省のために日記を書くことになりました。って、最近ホントにただの日記じゃん。
あ、最近automatonをフォローしましょう ばかりでこのブログの更新減ってるかも。


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「リッキー・リー・ジョーンズ ジャパン・ツアー 2019」に行ってきた。
 5月16日(木)はNHK大阪ホールへ「リッキー・リー・ジョーンズ ジャパン・ツアー 2019」を観に行ってきた。ワタシがリッキー・リー・ジョーンズを聴き始めたのは、活動を再開したアルバム『フライング・カウボーイズ』から。だからライブを観るのは初めて。開演してリッキーがステージに現れると、客席からは「Welcome back!」の掛け声が上がっていたから、客席の年齢層はかなり高い。逆にその人達が子供連れで来てるんだけど、小学男子でもリッキー聴くんだろうか?  さて、1曲目はデビュー・アルバム『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/19 17:54
空箱職人はるきるの個展 に行ってきた。
今日は三宮のギャラリー8まで空箱職人はるきるの個展を観に行ってきた。なんと今日が最終日。ゴールデンウィーク中に神戸でやってた「078」を観に三宮に来ていたので、その時についでに行けばよかったんだけど、このイベントやってるのを知ったのが休みが明けてから。ということで、最終日に滑り込みとなったのだ。 やはり、Twitterフォロワー25万人はダテじゃないですなぁ、最終日だからか階段を下りて外まで行列が続いてます。それから、親が小さい子どもを連れて見に来ている親子連れも多数。やはり夏休みの工作的な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/12 22:03
「コレクション3:見えないもののイメージ」を観て来た。
 クリスチャン・ボルタンスキーを観た後に、今日は無料ということで国立国際美術館の収蔵品展「コレクション3:見えないもののイメージ」の方も観て来た。『「死者に捧げる儀式を行うこと」が芸術家の仕事であると発言するクリスチャン・ボルタンスキーの個展に呼応するかたちで、「見えないもの」をキーワードに、 「死者へ」、「作者と」、「天空に」という3つのテーマによって当館コレクションを解読し、紹介します。』ということなんだけど、収蔵品展も何度も観ていると、テーマを変えても観たことある作品が半分近くあるので、は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/04 20:36
「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」を観て来た
 フェルメール展の後は天王寺から肥後橋へ地下鉄で移動して国立国際美術館へ。フランスを代表する作家のひとり、クリスチャン・ボルタンスキーの日本初となる大規模回顧展「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」へ行ってきました。入場料が\900の割には立派な会場案内を頂きまして、おかげで作品を観る助けになりました。暗い部屋と電球、大量の衣服や亡くなったスイス人の写真、とかいう展示物を観るとパッと見、ホロコーストに対する抗議の意味の作品なのかしら? とか思っちゃうのですが、どうやらそうではない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/04 20:21
フェルメール展に行ってきた
 今日は好天の下、大阪市立美術館へフェルメール展を観に行ってきた。朝からすごい人出です。人をかき分けないと絵が見えません(ちょっと大げさ)。世界に35点しか存在しないフェルメールの作品を6点観られるというのがウリなんですが、東京展では9点観られたそうですな。私も《牛乳を注ぐ女》と《真珠の首飾りの女》が見たかったですわ。大阪展では東京展から《マルタとマリアの家のキリスト》、《手紙を書く婦人と召使い》、《手紙を書く女》、《 リュートを調弦する女》、《取り持ち女》の5点と大阪展だけで公開の《恋文》の6... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/05/04 19:29
舞台「かもめ」を観て来た。
 今日は好天の下、兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールへ舞台「かもめ」を観に行って来た。本公演は新国立劇場が「毎シーズンに一本、全キャストをオーディションで選考、上演する企画の第一弾として、チェーホフ不朽の名作『かもめ』を上演します。作り手が新しい俳優と、俳優が新しい演出家と、劇場が新しい作り手たちと出会い、作品を立ち上げていく、小川絵梨子が芸術監督としての柱の一つとして掲げる企画です。演出には、これまで新国立劇場で数々の作品を創り出してきた鈴木裕美を迎え、6週間にも及んだオーディションを経て決... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/02 21:08
映画「バースデー・ワンダーランド」を観て来た
 令和元年は5月1日からスタート。1日といえばファーストデー。ということで、梅田ブルク7へ映画「バースデー・ワンダーランド」を観に行って来た。原恵一監督作品は最近WOWOWで「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」や「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を放映したところだし、「カラフル」も「百日紅 Miss HOKUSAI」も好きなので、今回の「バースデー・ワンダーランド」も期待して観に行った。特に本作でキャラクター/ビジュアルを担当したイリヤ・クブシノブのキレイな絵柄に魅かれたのだ。  気になるのは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/01 18:51
韻シストpresents 「OSAKA GOOD VIBES 2019」に行ってきた
昨日は大阪城音楽堂へ韻シストpresents 「OSAKA GOOD VIBES 2019」を観に行ってきた。大阪城音楽堂に来るのはン十年振りじゃないかしら?最後に何のイベントで来たのかも思い出せない。野外フェスってのに来るのもムーっちゃ久しぶり。結婚してから初めてかもしれん(カミさんが炎天下に立ちんぼするのを嫌がるのでね〜、ライブハウスでのオールスタンディングですらNGだし)。今回はゴールデンウイークなら気候も良くてそんなにしんどくないだろうと思い、なだめすかしてカミさんも同行させた次第。ME... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/30 22:18
映画「グリーンブック」を観て来た。
 今日はTOHOシネマズデーだったので、TOHOシネマズ西宮OSで映画「グリーンブック」を観て来た。マハーシャラ・アリ演じる天才黒人ピアニストがビゴ・モーテンセン演じる粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出すというロードムービー。私の中でのNo.1ロードムービーはバリー・レヴィンソン監督でダスティン・ホフマンが重度の自閉症の兄で、トム・クルーズが兄の遺産を狙う弟役という「レインマン」。この映画も可笑しか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/04/14 22:02
愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』を観て来た
 オリックス劇場で愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』の今日3月30日13時の回(後から追加になった回)を観て来ました。同じオリックス劇場で1月に『サムシング・ロッテン! SOMETHING ROTTEN! 』を観て来たのだけど、これがあんまり満足できなかった。そこで、もう1回別のおバカなミュージカルを観てやろうと思って、チケットを入手した次第。CASTに当のレキシが出ていないからか、当日券も結構売ってた。会場はほぼ満員に見えたんだけどね。お芝居見に行くと観客が女子率が高くて男子トイレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2019/03/30 22:08
大阪フィルハーモニー交響楽団 第526回定期演奏会に行ってきた。
 フェスティバルホールで23日15:00の公演を見てきました。大フィルの公演は昨年2月の第515回定期演奏会以来です。第515回の指揮は新進のアンドレア・バッティストーニ。今回の指揮はアメリカの巨匠、デトロイト交響楽団音楽監督・首席指揮者でもあるレナード・スラットキン。20世紀アメリカ音楽をよく演るヒトで、今回もアメリカ音楽を4曲。バーンスタイン/ミュージカル「キャンディード」序曲でパーンと開幕した後、本邦初演奏となるコープランド/田舎道を下って(Down the countrylane)という... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2019/03/24 22:10
映画「運び屋」を観て来た。
 10年ぶりのクリント・イーストウッドの監督・主演作「運び屋」を、本日今年6月からの値上げが発表されたTOHOシネマズ梅田で、この前のTOHOシネマズデー(\1,100-で観られる日。これも6月から\1,200-だそうだ)に観て来た。人件費高騰が映画館にまでおよぶとわ〜〜。世知辛い世の中になったものよ。この映画観終わった後、インスタグラムで思わず「グラン・トリノ」以来の素晴らしさってコメント入れちゃったけど、「運び屋」が「グラン・トリノ」以来の10年ぶりの出演作だったのね、なぁんだ。素晴らしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/03/18 20:23
舞台『偽義経冥界歌』を観て来た。
 昨夜はフェスティバルホールで劇団☆新感線のいのうえ歌舞伎の新作、『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』を観て来た。昨夜が大阪公演の初日。いのうえ歌舞伎が大好きで、2016年の『乱鶯』も2014年の『蒼の乱』も観てまする。劇団☆新感線も創立39周年だそうで、39(サンキュー)興行の春公演がこの『偽義経冥界歌』。  今回のテーマは「奥州藤原三代」と「義経黄金伝説」。主演の生田斗真が義経なのかと思ったら、奥華玄久郎国衡/源九郎義経とある。彼が偽義経なのね。アホなのにただのアホではなく説得... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/09 21:01
「Oh! マツリゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」を観て来た。
兵庫県立美術館へやなぎみわのトークを聴きに行ったついでに特別展「Oh! マツリゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」を観て来た。「日本の美術作家の表現の中の、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目する」というのがテーマらしいんですが、マツリゴトは祭と政もひっかけてるみたいで、なんか絞り込めているようでいないようで、なんともいえない作品の集まりでしたな。  気に入った作品は、靉嘔《若い仲間たち》、河原温《私生児の誕生》、中西... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/03 21:17
「兵庫県美ボーダレスアートトーク:やなぎみわ」を観て来た
 3月2日は兵庫県立美術館のミュージアムホールで「兵庫県美ボーダレスアートトーク:やなぎみわ」を観て来た。原田マハ(観てません)、曽野正之(観ました)、と続いたこの催しも今回が最終回。やなぎみわって神戸市生まれだったのね、てっきり京都なのかと思ってた。《エレベーター・ガール》や《マイ・グランドマザーズ》のどれかを何かの展覧会でポツポツ観たことある以外は、彼女が演出した舞台は1つも観たことなかったのだが、何かと気になるアーティストだったので、今回ハナシを聴きに行った次第。  なんと、美術館への初... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/03/03 20:48
舞台「罪と罰」を観て来た
 今日(2月11日13:00の回)は「縁起の良い」森ノ宮ピロティホールで舞台「罪と罰」を観て来た。原作は面白さは保証済みのドストエフスキーの名作で、気鋭のフィリップ・ブリーンの演出、主役のラスコリニコフを三浦春馬(SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックV』の明智心九郎以来のファンですわ。さすが〜〜、としかいいようがない、でも声こんなんだったっけ、のど使い過ぎで声が変わってるのか、役に合わせた声色なのか?)、退職官吏の娘・娼婦ソーニャには大島優子(舞台で観るのは初めて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 20:14
映画「七つの会議」試写会にいってきた
 一昨日の晩、大阪商工会議所国際会議ホールで行われた、映画「七つの会議」試写会にいってきた。池井戸潤の原作は読んでない。カミさんが池井戸潤のファンなので、応募したら当たったので行ってきた。「七つの会議」のNHKで2013年にやったTVドラマはうっすら覚えていたので、今回も映画が始まってすぐ、ネジの強度偽装のくだりは思い出した。原作も有名だし、TVドラマも観た人も多いだろうから、謎解きの要素は薄い。当然、八角民夫役の野村萬斎をはじめとする豪華俳優陣の演技を観るのが目的になる。しかし、狂言師に歌舞伎... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/30 10:40
「兵庫県美ボーダレスアートトーク:曽野正之」を観て来た
 1月13日は兵庫県立美術館のミュージアムホールで「兵庫県美ボーダレスアートトーク:曽野正之」を観て来た。兵庫県が出来て150周年の記念行事の1つで、開催趣旨がふるってる。  ○経済・情報のグローバル化や技術革新が急速に進み、多様な価値観が生まれつつある現代社会。その中で「美術」の創造性はどのような拡がりの可能性を秘めているのか−兵庫県立美術館は、そのような視座から、「美術」にルーツを持ちながらも美術分野以外のジャンルにおいて創造的な活動を国際的に展開している兵庫ゆかりのクリエイターをお招きし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/01/14 22:51
舞台『SOMETHING ROTTEN! 』を観て来た
 1月11日18:30の回をオリックス劇場で『サムシング・ロッテン! SOMETHING ROTTEN! 』を観てきました。昨年後半、結構重めのテーマの舞台を多く観たので、新春は一発馬鹿馬鹿しいの観てやろう、と思って今年最初に持ってきたのがコレですわ。「福田雄一最新ミュージカルは、中川晃教VS西川貴教の文芸バトル! ブロードウェイで話題のコメディミュージカル、待望の日本版が早くも上演決定!」というふれこみだったので、期待して見に行ったんですがね〜。ちなみにタイトルはハムレットのMARCELLUS... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 22:17
映画「アリー/スター誕生」を観て来た
 新年あけましておめでとうございます。今年1本目の映画は「アリー/スター誕生」を一昨日観て来ました。「スタア誕生」の4度目のリメイク作。過去にはビヨンセをヒロインにするリメイクも計画されていたようですが、彼女の妊娠で流れたようで、本作のヒロイン、アリー役はレディー・ガガ。私は2010年にワールド記念ホールで「LADY GAGA The Monster Ball Tour」を観て以来の彼女のファンで、今も毎日「Applause」を目覚ましソングにしておりまする。  いやぁ、良かったです、「アリー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/06 15:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる