越海青

アクセスカウンタ

zoom RSS 和田淳《私の沼》を観て来た

<<   作成日時 : 2018/11/11 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 蘇笑柏展を観たあと、同じ兵庫県立美術館のギャラリー棟1階で和田淳の作品が展示されていたので観て来た。1つは注目作家紹介プログラム チャンネル9《私の沼》。今日は和田淳・作品上映会+アーティスト・トークもあったらしい。ギリギリ間に合わなかった。知ってたら間に合うように行ったのにぃ。残念。
 和田淳の作品を観るのは、大手前大学 さくら夙川キャンパスで2年前の10月29日に行われた和田氏の講演「間のアニメーション、魔のアニメーション」以来。だからアーティスト・トークも聴きたかったわ。
 さて、《私の沼》ですが、これ夙川の片鉾公園じゃあるまいな〜、とか思いながら見てました。大きな部屋の三方で別々のアニメが進行しているのだけど、それぞれは大きなハナシのパーツで、連動してる。何回も観てるのにどうしても沼のパシャーンって音に驚かさせるし、そこでリセットがかかる。しかし、沼から出て来たあの大きな平べったいヤツは何なんでしょうか?
 次に和田氏が制作中のゲーム《My Excercise》でも遊んできました。しばらくスペースキーを押すのをさぼっていると、空気が抜けて萎んでしまうところが面白かったです。萎んだ時に、年配のヒトは膨らませるところまでいかなくてなんじゃこれ、動かんやん、ってあきらめてしまうのに、子供はきちんと膨らませて再開させるところが、このゲームの不親切なところというか、想像性を育んでるなぁ、というところか、忙しいオトナはこんなに辛抱強くスペースキー押し続けられません。子供は少しずつ起こる変化(徐々に増えてくるキャラクターが地味なのに面白すぎです)を楽しんでいるようですが。《私の沼》にしてもそう、途中で仕組みに気づいて全パターンが一巡するまで見ているヒトはほとんどいませんでしたよん。(わたしは全部見ました)
 評価点は5点満点の5点。不親切なところが気に入りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和田淳《私の沼》を観て来た 越海青/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる